カート:0円
梱包容量値: / 200
ターコイズ

全リスト開閉
 

◆1.作家作品(ネックレス)
      ネックレス 644点
      ネックレス(ロング) 169点
◆2.作家作品(ブレスレット)
◆3.作家作品(ピアス)
◆4.作家作品(その他)
      イヤリング 93点
      リング 91点
      ブローチ 89点
      ストラップ 127点
      セット物 38点
      その他 67点
◆5.アクセサリー(完成品)
◆6.アクセサリーキット
7.天然石/合成石ビーズ(ア)
      アイオライト 27点
      アクアマリン 29点
      アゲート(瑪瑙) 441点
      アズライト 2点
      アズロマラカイト  3点
      アパタイト 30点
      アベンチュリン 40点
      アマゾナイト 18点
      アメジスト 112点
      アンダリューサイト  6点
      アンデシン 6点
      インカローズ 5点
      エメラルド 9点
      エンジェライト  12点
      オニキス 195点
      オパール 16点
      オブシディアン 35点
8.天然石/合成石ビーズ(カ)
9.天然石/合成石ビーズ(サ)
      サーペンティン 21点
      サファイア 25点
      サンストーン 63点
      ジェイド 11点
      ジェット  7点
      シトリン 34点
      ジャスパー 288点
      スーパーセブン super seven
      スキャポライト 7点
      スギライト 17点
      スティヒタイト  2点
      スピネル 12点
      スポットジャスパー 222点
      スモーキークォーツ 132点
      セラフィナイト  3点
      セレスタイト 5点
      ソーダライト 45点
10.天然石/合成石ビーズ(タ)
      ターコイズ  125点
      ダイオプサイド  11点
      タイガーアイ 126点
      ダイヤモンド  5点
      タンザナイト  6点
      チャロアイト 7点
      テクタイト  3点
      デュモルチェライト  4点
      トパーズ  36点
      トルマリン 106点
11.天然石/合成石ビーズ(ハ)
      ハイパースシーン  7点
      パイライト  3点
      ハウライト 13点
      バリサイト  1点
      ピーターサイト  8点
      翡翠(ひすい)   14点
      フェルドスパー 4点
      ブラックシリカ  4点
      ブラッドストーン  9点
      ブルーレースアゲート 54点
      プレーナイト 53点
      フローライト 25点
      ブロンザイト  10点
      ヘマタイト 510点
      ペリドット 49点
      ベリル 5点
      ホークスアイ 39点
      ポピージャスパー 3点
12.天然石/合成石ビーズ(マ)
      マグネサイト 234点
      マラカイト 8点
      ムーアカイト 27点
      ムーンストーン 42点
      モスコバイト  11点
      モルガナイト  2点
      モルダバイト  1点
13.天然石/合成石ビーズ(ヤ)
      ユーディアライト  6点
      ユナカイト 10点
14.天然石/合成石ビーズ(ラ)
      ライオライト  5点
      ラヴァストーン 56点
      ラピスラズリ 65点
      ラビットジェイド 4点
      ラブラドライト 72点
      ラリマー 42点
      ルチルクォーツ z 38点
      ルビー 8点
      ルビーインゾイサイト  7点
      レピドライト  11点
      レモンクォーツ  13点
      ローズクォーツ 104点
      ロードナイト 27点
15.天然石/合成石ビーズ(他)
16.天然石/合成石ビーズ(形)
◆17.浄化アイテム
      浄化アイテム 8点
◆18.人造石・模造石
      人造石・模造石 59点
◆19.鉱物・カット石
◆20.キュービックジルコニア
◆21.天珠ビーズ
      天珠ビーズ 153点
◆23.珊瑚ビーズ
      珊瑚ビーズ 71点
◆24.パール(真珠)
      淡水パール 55点
      マベパール 2点
◆25.コットンパール
      リッチホワイト 70点
      リッチクリーム 70点
      リッチグレー 70点
      リッチグリーンブラック 70点
      ホワイト 72点
      ライトベージュ 70点
      アクア 70点
      ラベンダー 70点
      キスカ 76点
      シャンパン 70点
      ミントグリーン 70点
      ピンク 70点
      グレー 70点
      ベージュ 70点
      カーキ 70点
      レッド 70点
      ブラック 70点
      ブロンズ 70点
      ダークブルー 70点
      ボルドー 70点
      ライトオレンジ 70点
      ダークブラウン 70点
      ダークグリーン 70点
      アメジスト 70点
      その他 6点
◆26.シェル(貝)
      シェルビーズ 373点
      白蝶貝 73点
      黒蝶貝 65点
      アバロンシェル 42点
      コンクシェル 175点
      ピンクシェル 26点
      パープルシェル 13点
      その他シェル
      形状別「花・フラワー」 223点
      シェルパール 61点
      その他 117点
◆27.ベネチアンガラスビーズ
◆28.MIYUKIビーズ
◆29.ガラスビーズ
      ガラスビーズ 106点
◆30.キャッツアイガラス
◆31.デリカビーズ
◆32.スワロフスキー
      1000番台 6点
      2028番台 110点
      2028番台(ホットフィックス) 97点
      2080番台 22点
      3000番台 121点
      4000番台 125点
      5000番台 672点
      5301(5328)番台 578点
      5800番台 311点
      6000番台 955点
      8000番台 41点
      80000番台 146点
◆33.チェコビーズ
◆34.ウッドビーズ
      ウッドビーズ 7点
◆35.アクリルビーズ
◆36.その他ビーズ
      銅ビーズ 76点
      真鍮ビーズ 466点
      セラミックビーズ 121点
      樹脂ビーズ 523点
      樹脂パール 195点
◆37.プラチナ素材
◆38.ゴールド素材
◆39.ゴールドフィルド素材
◆40.シルバー素材
◆41.ステンレス素材
◆42.チタン素材
◆43.ゲルマニウム素材
◆44.パーツ・素材(ア行)
      アジャスター 59点
      アルファベット 26点
      板カン・だるま 46点
      イヤリング金具 133点
      帯留め金具 10点
◆45.パーツ・素材(カ行)
      回転パーツ 4点
      カットパーツ 20点
      カツラ・エンドパーツ 118点
      カニカン 95点
      カフス・タイピンパーツ 34点
      カレンパーツ 10点
      キーホルダーパーツ 50点
      菊座・花座・キャップ 315点
      9ピン 148点
      クラスプ(留め金) 399点
      クリッカー 9点
      コイル 11点
      コターピン 120点
      コンチョ 25点
◆46.パーツ・素材(サ行)
      Cカン・丸カン・三角カン 354点
      シボリ玉 79点
      シャワー金具 16点
      シリコンクッション 24点
      スカシパーツ・腐食 215点
      鈴(すず) 292点
      ストラップ 113点
      ストラップ(根付ひも) 119点
      装飾用パーツ 491点
◆47.パーツ・素材(タ行)
      立爪・石枠 70点
      チャーム 989点
      チョーカー 19点
      ツナギパーツ 363点
      つぶし玉(カシメ)・紐留め 228点
      Tピン 170点
      デザインピン 59点
◆48.パーツ・素材(ナ行)
      ニューホック 41点
◆49.パーツ・素材(ハ行)
      パイプ 62点
      バチカン・つきさし(ヒートン) 313点
      ピアス金具・キャッチ 316点
      ヒキモノ 6点
      引き輪 82点
      ヒラト 20点
      フックパーツ 59点
      フラワーパーツ 99点
      ブレスレットパーツ 26点
      ブローチ金具 186点
      ヘアー金具 27点
      ベゼルワイヤー 6点
      ペンダントパーツ 99点
      ボールチップ 89点
      ボタンパーツ 36点
◆50.パーツ・素材(マ行)
      マンテル 108点
      ムードビーズ 9点
      メガネ留め 20点
◆51.パーツ・素材(ラ行)
      リーフ金具 65点
      リング(輪)パーツ 189点
      リング台 152点
      ロンデル 461点
◆52.パーツ・素材(その他)
      金属パーツその他 318点
      その他 130点
◆53.パーツ・素材(ロット販売)
◆54.ネックレスチェーン
◆55.チェーン
◆56.副資材
◆57.フェルト
      フェルトキット 36点
      羊毛フェルト 48点
      その他 11点
◆58.書籍
      29点
◆59.台湾特産品
      台湾高山茶 2点

SSLとは?

20157
Web店
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

浅草橋店
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 今日
 
 休業日

浅草橋店の地図

ビーズ工具

委託ブログ

よく検索されているキーワード:
ネックレス
イヤーフック
ジュエリーワイヤー

天然石ビーズのdUeljapan(デュエルジャパン)をご覧いただき、誠 にありがとうございます。
当店では、天然石ビーズやビーズパーツ、原石・置物のほか、シェル(貝)・琥珀・珊瑚・淡水パール・ベネチアンビーズ・ シードビー ズ・ウッドビーズ・金属パーツ(プラチナ、金、シルバー、ステンレス、チタン、真鍮、ゲルマニウム)・ チェーン・ワイヤー・糸・工具・ ケース(箱)など、ビーズアクセサリー全般の商品を取扱っております。 また、作家作品の委託販売も行なっています。


■新着商品(デュエルジャパン)


◆新着商品(作家作品)

水晶蝋紐ブレス
ID 191685

2,000円(1)
 
モモイロ蝋紐ブレス
ID 191686

2,500円(1)
 
14kgf*ルビーブレスレット
ID 191688

1,980円(1)
 
ブランカブローチ
ID 191701

2,800円(1)
 
森の番人蝋紐ブレス
ID 191687

2,700円(1)
 
アメジスト蝋紐ブレス
ID 191682

1,980円(1)
 


■インフォメーション

 RSS 
  • ★7月3〜6日の誕生日石★ new

    2015年07月03日16時46分

    ★7月3日の誕生日石:ロッククリスタル
    無色透明な石英の宝石質結晶のこと。水晶や石英を指す言葉はいろいろあるが、
    不透明な小さい結晶状態のものはクォーツ(石英)、石英が大きく成長して
    無色透明の宝石質結晶となったものがロッククリスタル(水晶)と呼び分ける
    のが正式。単にクリスタルと呼ぶことも多いが、正式な宝石名はロック
    クリスタルである。様々な不純物が含まれることで発色や状態が変化するが、
    見た目がどうであれ主成分は同じ二酸化珪素である。無色透明の神秘的な
    姿は、古代から神聖な石として様々な呪術や儀式に利用された。ロック
    クリスタルは特に強力な浄化のパワーを備えるとされたため、幸運を引き寄せ
    魔を退ける魔を退けるお守りとして珍重された。潜在能力を引き出して未来を
    見通す力を与えるとされ、生命力・創造力・決断力などあらゆる能力を高めて
    くれると言われている。他のパワーストーンの力を活性化させる能力もあると
    されるため、様々な宝石と組み合わせて利用されることも非常に多い。

    ★7月4日の誕生日石:スター・ダイオプサイト
    ダイオプサイトは、純粋なものは無色〜白色だが、クロムが含まれると
    ペリドットにも似た鮮やかな緑色になり、クロム・ダイオプサイトという
    名称で呼ばれる。そのほかにも含まれる不純物によって青色・黄色・薄い
    緑色などのバリエーションもある。スターダイオプサイトは、内部に
    マグネタイト(磁鉄鉱)の針状結晶が含まれ、研磨すると表面に十字や
    六条線の輝き(スター効果)が現れたもの。特に黒〜黒褐色の地色に
    スターが現れているものは、ブラックスターという別名で呼ばれる
    ことも。ブラックスターはその重厚な見た目から、シルバーアクセサリーに
    用いられることも多い。パワーストーンとしては、知性や理性を象徴
    するとされ、心身を冷静にして理性的な思考をもたらすと言われている。
    また、創造力や直感力を高め、幸福な未来へ進む適切な判断ができるよう
    サポートをしてくれるという。

    ★7月5日の誕生日石:プラチナ
    白い光沢をもつ金属で、和名は白金。酸化に強いなど宝飾品として
    非常に優れた素材であるほか、化学的にも様々な特性をもち、工業用
    としての需要も高い。レアメタルの中でも特に希産で、1トンの鉱石に
    たった0.001gしか含まれていないといわれている。世界中でも年間
    僅か194トンしか産出しない希少な金属である。パワーストーンとしても
    優れているとされ、直感力を高めて深い洞察力を身に付けられると
    言われており、選択に迷った時に正しい道に進める効果があると
    言われている。物事をスムーズに成功に導くパワーを備えるため、
    仕事面や恋愛に効果が高いとされる。さらに他のパワーストーンの
    エネルギーを高める働きもあるとされるため、宝飾品の台座などに
    最適な金属であるとも言われている。なお、金(ゴールド)合金の
    一種で、金にパラジウムなどを混ぜて見た目を白色にしたホワイト
    ゴールドとは全く別物。漢字で書くと同じなため、混同に注意が必要。

    ★7月6日の誕生日石:オブシディアン
    オブシディアンとは、火山が噴火した際に溶出した溶岩が、水中に没して
    急速に冷却されたもの。和名は黒曜石。溶けた岩石が結晶化せずに凝固した
    ものなので、鉱物的な構造はガラスと同一。割ると断面が非常に鋭くなる
    性質があり、石器時代には石器の材料として広く利用された。溶けた
    土砂・岩石が入り混じったものなので不純物が多く、そのため不透明な
    黒色や緑色、紫色といった発色が多い。ただし天然ガラスなので磨くと
    透明感も現れ、研磨したものを光に透かすと、うっすらと光が透過する
    様子が確認できることも。また、光の干渉で表面に虹色の輝きが現れる
    ものもある。アメリカ先住民であるインディアンは、ガラス質でキラキラ
    輝く丸い状態のオブシディアンを「インディアンの涙(アパッチ・ティアー)」
    と呼んだ。また、光を反射することから古代では鏡として使われ、儀式
    などにも利用されたという。パワーストーンとしては魔除け効果に
    優れるとされ、ストレスやトラウマを除去すると言われている。また、
    精神的成長や積極性をもたらし、才能を引き出す効果があるという。
    決断力や集中力を高める働きもあるため、勉強に効果があると言われている。

  • ♪7月1〜2日の誕生日石♪ new

    2015年07月01日17時26分

    ★7月1日の誕生日石:アクアマリン
    エメラルドやモルガナイトなどと同じくベリルという鉱物の一種で、ベリルの
    中でも水色〜青緑色の宝石質結晶を特にアクアマリンと呼ぶ。近年は緑色に
    近いものを人工的に加熱し、水色に改変しているものが大半であるという。
    幸福・富・健康・永遠の若さや勇気を象徴するとされ、感性や表現力を高める
    効果もあるとされる。また、人間関係を良好にするパワーもあるとされるほか、
    その海のような美しい水色がヒーリング効果を備えるとも言われている。
    身に着けると心を穏やかにし、夫婦や恋人との仲を取り持ってくれるとも。
    「天使の石」とも呼ばれることがあり、結婚や出産のお祝いに贈られると、
    幸福になれるとも伝えられている。船乗りのお守りとして身につけられた
    ことも。アクアマリンは3月の誕生石でもある。なお、日本ジュエリー協会では
    正式名称をアクワマリンとしているため、日本ではこちらの名称で流通
    していることもある。


    ★7月2日の誕生日石:バリスサイト(バリサイト)
    日本ではバリッシャー石とも呼ばれ、見た目がターコイズに似た淡い緑色〜
    淡い青緑色の石。含まれる不純物の影響で、鮮やかな赤紫色に発色している
    ものもある。宝飾品として研磨するとターコイズそっくりになるため、
    ターコイズの代用品として利用されることもあるという。名称は発見された
    ドイツの地名が由来。アメリカのユタ州などで産出するバリスサイトは、
    見た目がターコイズに似ていることから、ユタライトやユタターコイズなどと
    呼ばれることも。淡い緑色の石のため、心身を癒すヒーリング効果を備えると
    され、感情を穏やかにすると言われている。さらに心を豊かにすることで
    自信が持てるようになり、物事への理解を深めたり、ネガティブな思考を
    停止して、夢や目標に向かって着実に前進する力を与えてくれるとも
    される。これらの効果から、富や幸福をもたらす石と呼ばれている。

  • 5月の誕生石

    2015年06月02日17時51分

    ★5月1日の誕生日石:アマゾナイト
    和名は天河石(てんがせき)。アマゾン川流域で発見されたと言われているが、実際にはその地域ではアマゾナイトは産出しない。
    アマゾン川流域では色が似た石が採れたため、それと混同されたことが原因と言われている。
    大別するとムーンストーンやサンストーンと同じ長石(フェルドスパー)の一種で、微斜長石(マイクロクリン)の青緑色のものを指す名称。
    産地によって彩度が大きく異なるが、基本的には微量に含まれる鉛が緑色の発色の原因である。
    見た目が翡翠に似ている場合もあり、アマゾンジェイドと呼ばれて翡翠の代用にされることも。
    古代エジプトから宝石として利用された歴史の長い宝石の一つでもあり、希望や幸福を引き寄せる「ホープストーン」として珍重された。
    心身を活性化してストレスを解消し、体力・気力を向上させるともされるため、自信が無いや落ち込んだ時に身に着けると効果的という。
    近年ではクォーツァイト(珪岩)を染色したイミテーションも多いとされるため、入手の際は注意が必要である。

    ★5月2日の誕生日石:イエローベリル(ヘリオドール)
    アクアマリンやエメラルド、モルガナイトなどと同じくベリルの一種で、黄色に発色したもの。
    発色の原因は微量に鉄が含まれるため。ギリシャ語で太陽を意味する「ヘリオス」と、
    贈り物を表す「ドロン」から名付けられたとされ、文字通り太陽のパワーを備えると言われている。
    希望や幸運を与えて出会いや恋愛をもたらすとされるほか、芸術的センスや創造力などの才能を向上させる効果も備えるという。
    黄色の宝石全般は金運も意味するとされている。
    同じベリルであるアクアマリンも鉄分で水色に発色しているが、鉄イオンの違いによって発色に違いが生じている。
    ただしヘリオドールを加熱するとイオンが変化して水色のアクアマリンに変化する。

    ★5月3日の誕生日石:グリーンジルコン
    ダイヤモンドの代用品として有名なキュービックジルコニアと名称が似ているため、ジルコンも
    人工石と誤解されることもあるが、ジルコンはジルコニウムを主成分とするれっきとした天然鉱物。
    微量の不純物が含まれることで多様なカラーバリエーションが存在し、赤・青・黄・緑・褐色・
    オレンジ・金色・無色などが知られる。ただし緑色は比較的少なく希少。非常に高い屈折率をもち、
    光を当てると美しく輝く特徴がある。キュービックジルコニアが発明される前は、ダイヤモンドの
    代用品としても利用されたことも。グリーンジルコンはヒーリング効果を備えるとされ、過去の
    嫌な思い出やトラウマ、心の苦しみを取り除くパワーがあると言われている。また、新しい出会いを
    もたらす効果もあるとされ、新たな旅立ちをサポートしてくれるという。さらにジルコン全般は
    魔除け効果も備えると言われている。光の加減で青色と緑色の中間に見えることもあるなど、
    発色による明確な分類は難しい。

    ★5月4日の誕生日石:ペリドット原石
    橄欖石(かんらんせき・オリビン)の固溶体のうち、鮮やかな黄緑〜緑色の宝石質結晶のこと。
    ペリドットは屈折率が非常に高く、僅かな光でも強く輝くため、薄暗い場所でも明るく見える
    特徴がある。薄暗い場所でも美しい緑色に見えることから、古くには「イブニングエメラルド」
    と呼ばれ、夜会などでは人気が高い宝石だったという。明るく輝くことから「太陽の光が宿る石」
    とされ、困難の中でも明るさや希望をもたらし、前向きに進む力を与えてくれると言われる。
    また、緑色の宝石ならではのヒーリング効果によって心身を癒し、自身の心に潜む不安や
    ネガティブな感情を払拭するとも。さらに身に着けると魔除けになるほか、内面の美しさや
    魅力を引き出し、異性をひきつける効果も備えると言われている。また、ペリドットは金色と
    相性が良いとされ、ゴールドのアクセサリーと一緒に身に着けると効果がより一層高まるとされる。

    ★5月5日の誕生日石:レッドコーラル(赤珊瑚)
    珊瑚は鉱物ではなくサンゴ虫という動物の骨格で、主成分は炭酸カルシウムである。古くから
    装飾品として世界中で珍重され、不幸や災難から身を守るお守りとして利用された。また、
    赤ちゃんや子供を守る効果もあるとされ、出産や子育て時などにも身に付けられるという。
    内面のエネルギーを活性化させることで体を健康にし、その活力で何事にも積極的かつ前向きに
    なれると言われている。活動的になりたい人にピッタリのパワーストーンだが、硬度が低く
    薬品などで容易に変質しやすいので、取り扱いには注意が必要。また、白や灰色といった地味な
    色の珊瑚を赤色に染色したものも多い。乱獲や環境汚染で生息数が減少しており、現在は
    ワシントン条約によって国際取引が制限されるほど。3月の誕生石としても知られている。

    ★5月6日の誕生日石:ベスビアナイト(アイドクレース)
    ベスビアナイト或いはアイドクレースと呼ばれ、どちらが正しい名称か混乱するが、正式には
    ベスビアナイトが学術的な鉱物名。アイドクレースは、他の複数の鉱物と外観や結晶形状が似て
    いたり、様々な鉱物・宝石が混じって産出することから、ギリシャ語で「見かけが似ている」
    という意味で名付けられた。本来はイタリアのベスビオ火山付近で発見され、先に命名された
    ベスビアナイトという名称で統一すべきだが、現在でもアイドクレースという呼称で呼ばれる
    ことも多い。緑・黄緑・オレンジ・茶・青・紫など様々なカラーバリエーションがあり、色や
    産地によって異なる名称が付けられているが、宝飾品にはあまり用いられない。心に愛を満たして
    平穏と安定をもたらすヒーリングパワーを備えるとされ、平和な安心感を得られると言われている。
    人間関係をスムーズにし、不要な縁を遠ざけて必要な縁だけを繋ぎ止めるとも。災いから身を守る
    とも言われている。

    ★5月7日の誕生日石:ホワイトゴールド(白色金)
    ゴールド(金)にパラジウムやニッケルなどを混ぜた白い合金。日本語では白色金と表記するが、
    ホワイトゴールドを直訳して「白金」と書くと鉱物のプラチナになってしまうので注意が必要。
    刻印などの表記は「WG」と表されることが一般的。貴金属合金は、混合比を24分率の重量比率で
    表記される。18金ホワイトゴールドの場合、金が75%・その他の金属(割り金)が25%の合金となる。
    14金なら比率は58.5%:41.5%となる。なお、金は密度が非常に高い金属のため、例えば18金の
    場合、重量比で75%を占めるものの、体積でみると全体の半分程度しかない。そのため割り金は
    僅か25%なのに、見た目の発色は大きく違ってくることになる。パワーストーンとしては信頼を
    意味するとされ、婚約指輪などで高い人気を誇っている。また、心の成長を促す効果や、高い
    浄化能力も備えるという。他の宝石と組み合わせると、石の効果を回復させると言われている。
    金は富や幸福、名誉をもたらすとされ、ホワイトゴールドにもそのパワーは含まれる。ちなみに
    日本ではホワイトゴールドの発色は定義されており、一定の範囲の色相に収まったもののみ
    認められる。しかしホワイトゴールドの宝飾品は、一般的には表面に変色防止のロジウムメッキが
    施されているので、一見しただけでは違いがわからないことも多い。また、近年はパラジウムが
    高騰しているため、割り金にニッケルが多く使われることもある。ニッケルは金属アレルギーの
    原因になるため注意が必要。

    ★5月8日の誕生日石:エメラルドキャッツアイ
    エメラルドにキャッツアイ効果(シャトヤンシー)が見られるもの。エメラルドはアクアマリンや
    モルガナイトなどと同じくベリルという鉱物の一種で、不純物(クロムやバナジウム)が含まれて
    緑色に発色したもの。キャッツアイ効果は、結晶の中に針状の細長い結晶が平行に含まれ、その
    方向に沿ってカボションカットすることで、光の反射が細い条線となって表面に現れる現象を指す。
    角度を変えると光の条線が猫の瞳孔が動くように移動するため、この名前が付けられた。内部に
    不純物結晶を含むことがキャッツアイ効果の発生条件のため、不透明となっているものが多い。
    心身のヒーリング効果に優れるとされ、ストレス解消や精神安定、健康増進に役立つとされる。
    また、キャッツアイ効果は魔除けの力もあるとされ、近づく不幸を遠ざけると言われている。

    ★5月9日の誕生日石:ブラックパール(黒真珠)
    主に黒蝶貝から産出する黒っぽい真珠のこと。他の種類の貝からも産すると言われるが、他の貝
    から産出した真珠を黒く染色し、ブラックパールと呼んで流通させていることもあるといわれる。
    光の反射によっては緑・赤・紫など様々な色に見える独特の照りと、シックなカラーであること
    から、人気の真珠の一つでもある。真珠は貝の中で守られて誕生するため、強い守護のパワーを
    もつとされ、ストレスや邪気、不幸や災難から身を守ると言われる。また、女性の美をや母性を
    象徴するとも言われており、身に付けると女性的な魅力を引き出すともされる。ブラックパールは
    魔を祓う魔除け効果や、邪魔者を取り除く働きなども備わると言われている。

    ★5月10日の誕生日石:ターコイズ原石
    別名トルコ石。水色〜緑色で世界中で古くから人気が高い石。「トルコ石」という名称は、
    西アジアで産出したターコイズが、トルコの商人を通してヨーロッパにもたらされたことが
    由来とされる。そのためその名に反し、トルコ国内ではターコイズは産出しない。強い守護の
    パワーがあるとされ、邪気や悪霊から身を守ると言われている。持ち主の身に危険が迫ると、
    割れたり色が褪せたりして危険を知らせるとも。また、勇気と行動力をもたらし、困難を
    乗り越えて夢や目標を達成することができるとされる。ストレスを解消して心を癒す
    ヒーリング効果や、旅の安全を守るお守りなどの効果もあるとされている。宝石としては
    硬度がやや低く脆いために、透明樹脂やガラスなどで安定処理(スタビライズ)されることが
    一般的。スパイダーウェブと呼ばれる黒や褐色の模様を愛好する向きも多い。ただしその
    世界的な人気から、様々な模造品が多数出回っているので入手の際は注意が必要でもある。

    ★5月11日の誕生日石:レースアゲート
    まるで編み物のレースのように、細かくて繊細な縞模様が入ったアゲート(瑪瑙)のこと。
    淡い水色に白いレース状模様が入ったブルーレースアゲートが代表的。アゲートは本来、
    小さな石英(クォーツ)の結晶が集合したカルセドニーの変種。カルセドニーに縞模様が
    入るとアゲートと呼ばれ、さらに発色や縞模様の状態によってオニキス・カーネリアン・
    サードニクス・レースアゲートなどと名称が別れる。従ってこれら天然石は同じ仲間で
    ある。レースアゲートはその繊細な模様がヒーリング効果を表すとされ、また、心身の
    緊張を和らげることで人間関係を円滑にするパワーも備えるという。さらに芸術的センスを
    向上させるとも。アゲートは富や健康を象徴するため、その効果も備わると言われている。

    ★5月12日の誕生日石:カコクセナイト
    別名カコクセン、和名でカコクセン石とも呼ばれる。細かくて気づかれないことから、
    ギリシャ語で無愛想な、不親切な、という意味から名づけられた。金色ないし茶褐色で
    針状または針が集合した扇状の結晶である。単体では宝飾品にはされないが、水晶や
    アメシストの内部に含まれることでパワーストーンとして扱われる。水晶の中に7種類の
    不純物結晶が含まれたものはスーパーセブンと呼ばれるが、カコクセナイトは7種類の
    不純物の一つに数えられる。また、アメシストの中に含まれるとアメシストエレスチャル
    などと呼ばれることも。これらの石は強い霊的パワーを備えるとされ、非常に人気が高い。
    身に着けると自身のパワーを向上させ、新陳代謝を活発にして活力を得られる、邪悪を
    祓うなどの働きがあるという。また、瞑想の際に効果があるとも。なお、水晶の中に
    ゲーサイト(針鉄鉱)の針状結晶が含まれたものをカコクセナイトと呼ぶという説もあるが、
    カコクセナイトは単体で存在する独立した鉱物なので、誤解なきよう。

    ★5月13日の誕生日石:アイボリー(象牙)
    その名の通り像の牙。淡く黄色がかったやや灰味の白色、クリーム色をさらに薄くした
    ような温かみのある色で、大変美しく加工もしやすいなどの特徴のため、古くから装飾品・
    工芸品などに利用された。現在ではワシントン条約により商業目的の取引が厳しく制限され、
    宝飾品として用いられているものは貴重である。象牙は骨なので鉱物ではないが、腐敗
    しない・変質に強いなど宝石としての特性も備える。年月が経過しても腐らないことから、
    清純さや論理的な強さ、変わらなさを意味するとされ、身に付けると持ち主にもそのパワー
    を与えてくれるとされる。困難に直面しても諦めない強さや、誠実な心も得られるとも。
    生体ならではの温かみのある肌触りが、心身の癒し、ヒーリング効果も発揮するという。

    ★5月14日の誕生日石:ブルーグリーンジルコン
    ジルコニアとよく似た名称なのでしばしば混同されるが、ジルコンは独立した天然鉱物。
    風信子石(ふうしんしせき)、ヒヤシンス鉱とも呼ばれ、ジルコニウムを含んだ珪酸塩鉱物
    である。屈折率が非常に高く、光を当てると美しく輝く特徴をもつ。特に無色のカラーレス
    ジルコンはダイヤモンドの代用品にもされたほどだが、その経緯のため現在でもダイヤモンドの
    模造品として誤解されやすい。ただし現在ダイヤモンドの代用品として主流のキュービック
    ジルコニアとは、成分も特性も異なるため判別は容易。多様な発色で知られるが、ジルコン
    全体としては心身を悲しみや苦しみから救い、安らぎを与える効果があるとされる。また、
    女性の出産の苦しみを和らげる、強い輝きで未来を明るく照らしてくれるなどの働きも。
    ブルーグリーンジルコンはその名の通り青〜緑色の結晶。非常に珍しいカラーでもあり、
    ヒーリング効果や過去のトラウマを消し去る働きがあると言われている。

    ★5月15日の誕生日石:レッドジェダイト(赤翡翠)
    ジェダイトとは翡翠(ヒスイ輝石)のこと。純粋なヒスイ輝石は白色だが、不純物が
    含まれたり、ほかの輝石が含まれることで緑・白・ピンク・青・紫・オレンジなど
    大別して15色ほどの発色がある。しかし赤色は非常に珍しく貴重。ただし染色によって
    レッドジェダイトに似せられたものもあるため注意が必要である。ヒスイは古くから
    貴族などに愛され、あらゆる成功や繁栄を象徴するとされた。また、人徳を高め、
    自身を成長させる働きがあるとも。特にレッドジェダイトは冷静な判断力や決断力を
    得られるとされ、ビジネスに成功をもたらすと言われている。なお、ヒスイ輝石と、
    それに似たネフライトをまとめてジェイドと称し、どちらも翡翠として扱う例もあるが、
    鉱物としては両者は全くの別物である。宝石の価値も大きく異なるため、ジェイドと
    呼称された翡翠は注意が必要でもある。

    ★5月16日の誕生日石:モルダバイトのカメオ
    約1450万年前、現在のドイツに隕石が落下し、衝撃で大量の土砂が超高温で蒸発・
    気化して空中に舞い上がった。その後空中を飛翔する間に冷えて固化し、特徴的な
    半透明の緑色の天然ガラスとなったものがモルダバイトである。本日の誕生日石は、
    そのモルダバイトにカメオ(浮き彫り)加工を施したもの。なお、モルダバイトは
    隕石衝突によって生じたテクタイトの一種であるが、主成分は地表の土砂であり、
    隕石の成分は含まれていない。隕石そのものと解説される場合もあるので注意が
    必要である。それでもその由来から、宇宙のパワーを秘めた神聖な石とされており、
    幸運を呼び寄せて豊穣や繁栄をもたらすと言われている。また、恋人との絆を強めて
    愛を深めたり、持ち主の隠れた才能を引き出す効果も備わるという。カメオは古く
    から健康や富、愛や幸福をもたらすとされるため、特にこの方面の効果に優れるという。

    ★5月17日の誕生日石:パープルサファイア
    紫色のサファイア。サファイアはコランダムという鉱物のうち、赤色を除いた全ての
    色の宝石質結晶を指す名称。サファイアには代表的な青のほか、黄色・ピンク・緑・
    紫・オレンジ・褐色・無色など、あらゆるカラーがあると言われている。パープル
    サファイアは情熱の赤と冷静さの青が混じった色とされ、恋愛面での恋の行き違いや
    恋愛バランスを保ち、喧嘩や仲違いを解消して愛を深める働きをすると言われている。
    また、貞節を表すともされるため、恋人に贈ると浮気を防止する効果もあるとも。

    ★5月18日の誕生日石:ゴシェナイト
    アクアマリンやエメラルド、モルガナイトなどと同じベリルの一種。純粋なベリル
    結晶で無色の宝石質結晶をゴシェナイトと呼ぶ。ベリルは不純物が混じりやすいため、
    着色のない無色透明の結晶は少ない。特に透明感が高いものはホワイトベリルと
    呼ばれて珍重される。以前はダイヤモンドの代用とされたことも。無色透明の様子から
    気品や優雅を象徴するとされ、ゴシェナイトを着用するとそれらも持ち主の身に付くと
    言われている。また、若々しさや美しさなども保てるという。高い知性や聡明さも
    もたらすと言われており、頭の回転や理解力を増すなど、内面・外面の両方に働きかける
    パワーを備えると言われている。

    ★5月19日の誕生日石:ラピスラズリ原石
    古くから世界中で人気のある、深い青色が魅力の岩石。ラピスラズリとは複数の鉱物が
    集合したものなので、単独の鉱物ではなく「岩石」となる。ラズライトを主成分とし、
    ソーダライトやアウィン、ノゼアンなど同類の鉱物、さらにパイライトやカルサイトなど
    全く別の鉱物も入り混じった集合体を指す名称である。深い青色にパイライトの金色が
    散りばめられた様子は星空を思わせる美しさであり、人々を魅了してやまない。神殿を
    飾る宝石の一つとして聖書にも登場したり、絵具の顔料にもされるなど、古代から人間と
    深い関わりをもつ。負の力をもたない最高の幸運のパワーストーンとされており、邪気を
    退け幸運をもたらす・心身の清浄・人間的な成長・恋愛運の向上・高い知性・正しい判断力や
    鋭い直感力・潜在能力を引き出すなど、あらゆる効果を持つとされる。原石はこれらの
    効果がより一層強いという。多種の鉱物の集合体なので構造的には脆く割れやすい。また、
    酸やアルカリなど各種薬品にも非常に弱いため、取り扱いには十分な注意が必要である。

    ★5月20日の誕生日石:グリーンゴールド
    やや緑色がかったゴールド(金)のこと。通称「青金」「青割」とも呼ばれる。純金に銀を
    重量比で約25%混ぜて合金にしたもので、金75%・銀25%の金合金のため18金と表記される
    (貴金属合金は混合比を24分率の重量比で表す)。金は密度が非常に高い金属なので、重量比で
    75%でも体積では全体の半分程度しかない。そのため割金である銀は僅か25%なのに、
    見た目の発色が大きく変化している。また、金・銀とも柔らかい金属なので、硬度を増す
    ため微量のジルコニウムや銅を混ぜられることも。ゴールドはその発色から金運を高める
    パワーがあるとされ、古代から世界中で愛された。別のパワーストーンと一緒に身に着けると、
    その石の効果を高めたり、健康を向上させる働きもあると言われている。さらに緑色を帯びた
    グリーンゴールドは、ヒーリングなど心身をリラックスさせる効果も備わると言われている。

    ★5月21日の誕生日石:ツインパール(ダブルパール・双子真珠)
    二つの丸い真珠がひょうたんのようにつながったもの。貝の中で真珠が生成される際、
    隣り合った真珠が偶然くっついたまま真珠層が形成されて誕生する。希少だが天然・養殖・
    海水真珠・淡水真珠を問わず見受けられ、高級な宝飾品として利用されることは少ない
    ものの、ピアスやストラップなど、真珠1粒だけだとやや寂しい…といった場面などでは
    目を引くアクセントになるため人気がある。カラーも通常のパールと同じく多彩。ただし
    染色されたものもある。真珠は貝の中で守られて成長することから、心身を守る守護の
    パワーをもつとされ、ストレスや邪気、不幸や災難から身を守ると言われている。また、
    女性の美をや母性を象徴するほか、内面の魅力を引き出す効果も備わるという。ツイン
    パールはその形状から、特に恋人や友人との仲を深めるなど恋愛面に働きかける効果が
    高いと言われている。

    ★5月22日の誕生日石:デンドリティッククォーツ
    水晶(クォーツ)の中に酸化マンガンなどの水溶液が複数に枝分かれして浸透し、その
    様子が樹木(樹枝)や風景画のように見えるもの。模樹石水晶(もじゅせきすいしょう)
    とも呼ばれる。ミニチュアの樹木や風景が閉じ込められているようでもあり、その
    幻想的な様子で人気が高く、眺めていると心が癒されるヒーリング効果を備えるという。
    心身の疲労やストレスを解消し、活力と健康をもたらすと言われている。また、浄化と
    再生を意味するとされ、免疫力を高めたり、人間的な成長をもたらすとも言われている。
    デンドライトとは樹枝状に結晶が成長する現象のこと。自然現象による幾何学模様で、
    冬に窓ガラスに付着する霜などもデンドライトの一種。マンガンはこの形状で成長
    しやすく、水晶に含まれたデンドリティッククォーツのほか、アゲートに浸透した
    モスアゲート、オパールに浸透したデンドリティックオパールなども形成する。

    ★5月23日の誕生日石:レインボーガーネット
    ガーネット(石榴石)の変種で、褐色のガーネットの表面に虹色の輝きが浮かぶ現象
    (イリデッセンス)が現れた大変珍しいもの。宝石としては過去にメキシコ産のもの
    しか流通せず、幻の宝石とされていたが、近年日本でも発見されて大騒ぎとなった。
    イリデッセンスとは、結晶が薄膜状となった部分で光が回析・干渉して、虹色に見える
    現象。ラブラドライトや真珠が虹色に見えるのもイリデッセンスが原因である。
    ガーネットは16種もの多様な種類があるが、レインボーガーネットはアンドラダイト
    ガーネットの変種である。希少な宝石だが薄膜状結晶のため構造が脆く、宝飾品
    として利用するにはやや難がある。ガーネットは権力や勝利、実りや豊潤などを意味
    するとされるが、レインボーガーネットはさらに免疫力や活力を高め、全身に
    エネルギーを行き渡らせて生命力を向上させる効果も備えると言われている。

    ★5月24日の誕生日石:ホワイトムーンストーン
    ムーンストーンはフェルドスパー(長石)グループの一種で、サンストーンやラブラド
    ライト、アマゾナイトなどと同じ仲間。宝石としてのムーンストーンは、白または青の
    シラーが現れるサニディンまたはアノーソクレースを指す。シラーの発色などによって
    ホワイトムーンストーン・ブルームーンストーンなどと区別されることも。ホワイト
    ムーンストーンは全体が白〜乳白色で、シラーも白〜薄黄色のものとされるが、厳密な
    基準はなく、あくまで通称である。ムーンストーンは月の光をもつ聖なる石とされ、
    古くから魔除けとして使用された。また、月の光で夜道を照らし、進路を予知して
    旅人を正しい方向に導くと言われている。身に着けると悩みを解消して目標へ進む
    パワーを与えてくれるとも。幸福や恋愛をもたらしたり、子宝や出産のお守り、さらに
    出産後も子供の健康を守ってくれる効果があると伝えられている。

    ★5月25日の誕生日石:ブルーアンバー
    アンバー(琥珀)は古代の樹液や樹脂の化石。通常の琥珀は黄色みを帯び透明感のある
    褐色・飴色をしているが、完全に化石化が進まずに半化石状態となり、白濁したものは
    コーパルと呼ばれ、区別されることも。ブルーアンバーは琥珀の変種の一つで、外見は
    通常のものとさほど変わらないが、太陽光(紫外線)を当てると青白く輝く特徴をもつ。
    ドミニカでしか産出しない希産の宝石。青白い光の原因ははっきりしていないが、
    含まれた金属イオンが紫外線に反応しているため、とされている。アンバーはこすると
    静電気を帯びることから、周囲の良い気を引き寄せる、転じて金運や人間関係を向上
    させる効果があると言われている。さらにブルーアンバーは青い輝きを放つことから、
    冷静さを身に付け、熱中しすぎや誤った道を進まないようにする働きも備わるという。
    琥珀は有機物なので薬品などに弱い。また硬度も低いので容易に傷付いてしまう。
    半化石のコーパルを加熱し、透明感を増してアンバーに変えてしまったり、外観をよく
    似せた模造品も多く出回っている。入手・取り扱いには注意が必要な宝石である。

    ★5月26日の誕生日石:コパー(銅)
    コパーとは金属の銅。日本ではカッパーと呼ばれることも。金属素材としての銅は
    有史以前から人間に利用されており、現在見つかっている最古の銅製品は、イラクで
    発見された紀元前8800年頃に製造された銅の玉であると言われている。金・銀に似て
    電気導電性が高い・硬度が低く柔らかいなどの特性をもち、純銅・銅合金として様々な
    金属製品・電気部品をはじめ、硬貨や銅像、殺菌作用を利用した抗菌製品などに広く
    利用されている。銅は動植物の生命維持にも必須の元素でもある。磨くと輝く金属で
    あることから、古代から富や美しさの象徴とされ、幸運を引き寄せると言われている。
    また、持ち主を悪い気から守ったり、心身を穏やかにするヒーリング効果も備えると
    言われており、結果的に自身のもつ魅力を引き出す働きをすると伝えられている。

    ★5月27日の誕生日石:ベルデライト(クロムトルマリン)
    トルマリンの一種で緑色のもの。緑色のトルマリンは鉄分が原因のものとクロムが
    原因のものの2種類があるが、クロムによって発色したものだけをクロムトルマリン、
    或いはヴェルデライト(ベルデライト)と呼ぶ。トルマリン(電気石)は多様なカラーが
    楽しめる石であり、無色から黒色まで全てのカラーが存在するとされる。トルマリンは
    心身の浄化や調和、精神安定や冷静な判断力など集中力を高める効果があるとされ、
    ベルデライトは特にヒーリング効果や健康運アップに優れるという。また、トルマリン
    には美容効果があると言われており、優れたアンチエイジングパワーで美肌などの
    若々しさを保つ効果があるという。もちろんベルデライトにもそのパワーは含まれる。

    ★5月28日の誕生日石:ホワイトカルセドニー
    カルセドニー(玉髄)とは、微小な石英結晶が密集したもの。一般的には模様が無い
    ものをカルセドニーと呼び、模様の状態や色によってアゲートやオニキス、クリソ
    プレーズなどに区別される。水晶は石英結晶が単独で大きく成長したものなので、
    カルセドニーは親戚とも言える。カルセドニーは不純物が含まれて多彩な発色を
    するが、ホワイトカルセドニーは不純物が含まれない状態で、密集した結晶のため
    半透明ないし白濁して見えるもの。レース状の細かい模様が含まれることもある。
    柔らかな白色のため、精神を安定させ心を安らかにする効果があると言われる。
    穏やかな心で周囲の人々に優しく接することができるようになるため、転じて
    自身の落ち着いた魅力を引き出し、エレガントな雰囲気を身に付け、周囲の人を
    引寄せる効果もあると言われている。

    ★5月29日の誕生日石:グリーングロッシュラーライトガーネット
    ガーネットは含まれる成分が多様で、鉱物としては実に16種類ものグループを構成
    している。宝石として利用されるのはそのうち6種類。グロッシュラーライトガーネットは
    カルシウムとアルミニウムを含んだもので、多彩な発色をするが、特に鮮やかな緑色の
    ツァボライトがグロッシュラーライトガーネットの代表とされる。緑色の他、オレンジ色の
    ヘソナイトやピンク色のロゼライトなどもグロッシュラーの一種。ガーネットは権力や
    勝利、優雅の象徴とされ、古代から神聖視されている。強い生命力や情熱、実りや豊潤を
    意味するとされ、身に付けると活力や勇気を得られるという。グロッシュラーは積極性や
    実行力などに特に効果があるとされ、さらに緑色は心身のヒーリング効果も備えるという。

    ★5月30日の誕生日石:ツァボライト(ツァボライトガーネット)
    グロッシュラーライトガーネットの一種で、屈折率か高く鮮やかな緑色に輝く変種。
    グロッシュラーライトガーネットは多彩なカラーがあるが、ツァボライトは近年発見
    されたクロムとバナジウムによって発色している新種だけを指し、他の成分によって
    緑色に発色したものはこの名称では呼ばない。ガーネットは勝利や成功、権力、さらに
    強い生命力や情熱、実りや豊潤などを意味するとされ、エネルギッシュなパワーストーン
    の代表として知られる。心身を活発にし、力強く前進するエネルギーを与えるほか、
    ツァボライトの緑色は心身の疲れを癒すヒーリング効果も兼ね備えると言われている。
    多彩な発色があるガーネットの中では、特に希産で人気が高い部類の一つ。

    ★5月31日の誕生日石:スモーキークォーツ原石
    日本では煙水晶とも呼ばれ、透明感のある褐色の水晶のことを指す。微量のアルミ
    ニウムイオンを不純物として含んでいる水晶が、自然界の放射線を浴びることで
    分子レベルで結晶構造が変化し、ある一定の光の波長を反射するようになったもの。
    従って特定の無色透明の水晶に、人工的に放射線を照射してスモーキークォーツに
    改変することも可能。現在流通しているものの大半は、人為的な照射処理が施された
    ものとされる。パワーストーンとしては魔除け効果や、恐怖・不安などを解消したり、
    精神を安定させる効果などがあるとされる。精神力や忍耐力を高め、目標達成への
    力強いサポートをしてくれるとも。原石はこれらのパワーをより強く備えるという。
    なお、色が濃く黒に近いものはカンゴーム・モリオンなどと呼ばれることもあるが、
    厳密な区分はない。また、加熱してシトリンに改変することも広く行われている。

  • ☆☆☆☆☆☆☆お休みのお知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    誠に勝手ながら、5月2日〜5月6日はゴールデンウィーク休業とさせて頂きます。

    なお、ゴールデンウィーク休業期間中も24時間ご注文を承っておりますが、
    受注確認メール・お問い合わせへのお返事・ご注文商品の発送等は、5月7日(木)より順次行う形となります。
    お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    ★4月1日の誕生日石:パイライト
    和名は黄鉄鉱(おうてっこう)。
    その名の通り鉄の一種で、鉄と硫黄が結合した鉱物。
    美しい金色や六面体の結晶形状が特徴的で、その色からしばしば本物の金(ゴールド)と間違えられることがあり「愚者の金」との別名もある。
    ただし両者は条痕色が異なるため、判別は容易である。
    古代では火をおこす火打ち石として利用された経緯から、迷いを明るく照らして進むべき道を指し示すとされ、
    持ち主の意思を高めたり、眠っていた情熱や行動力を呼び覚まして物事を最後まで成し遂げる力を与えてくれると言われている。
    また、金色であることから金運上昇効果があるとされ、特に貯金をしたい人には最適と言われている。

    ★4月2日の誕生日石:セミバロックパール
    丸い球状のパール(真珠)は、その状態によって4つの名称がつけられている。
    最も真円に近い状態のものが「ラウンド」で、真円から離れるにつれて「セミラウンド」「セミバロック」「バロック」と区別して呼ばれている。
    形は不揃いの円形となるが、ナチュラルな形状で価格も比較的安価なため、
    アクセサリー用途としては人気がある形状でもある。
    真珠は貝の中で守られて成長することから、強い守護のパワーをもつと言われている。
    ストレスや邪気、不幸や災難から身を守るとされ、お守りとして非常に高い人気を誇る。
    女性の美や母性も象徴し、身に付けると女性ならではの魅力を引き出すとも。

    ★4月3日の誕生日石:スリーゴールド(スリーカラーゴールド)
    3色のゴールド(金)のことで、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドを指す名称。
    純金はそのままでは柔らかすぎて装飾品としては利用が困難なため、様々な金属を割り金(わりがね)として混ぜて合金にし、適度
    な硬度に調整することが一般的。その際、割り金を変えることで様々な色に変化させることが可能となる。
    一般的な18金とした場合、イエローゴールドは金75%に銀15〜10%、銅10〜15%の比率(銀と銅がほぼ半々の状態)となり、
    ホワイトゴールドは金75%に残りは銀とパラジウムが半々、
    ピンクゴールドは金75%に銅を15〜20%と多めに加え、残りは銀と微量の亜鉛やパラジウムを混ぜる。
    イエローは「忠誠」、ホワイトが「信頼」、ピンクは「愛」を象徴するとされ、恋人や夫婦間で身に付けるアクセサリーにスリーカラーゴールドが使用されることも多い。
    ちなみに割り金の関係でピンクゴールドは他のゴールドに比べて硬くなり、指輪などのサイズ直しが難しいとされる。
    さらに蛇足だが、金は「24」を分母にした単位でその純度を示される。18金は24分の18、つまり純度75%(4分の3)を指し、同様に14金は約58%、10金は約41%の純度となる。
    24金は24分の24、つまり99.9%以上の純金のこと。
    イエローゴールドはYG、ホワイトゴールドはWG、ピンクゴールドはPGと表記されることも多い。

    ★4月4日の誕生日石:クリソコラ
    緑〜青緑色の銅の酸化鉱物。同じ銅酸化物であるマラカイトなどと一緒に産出する。
    和名は珪孔雀石(けいくじゃく石)。鮮やかな緑色が孔雀の羽を思わせることから名づけられた。
    ちなみに孔雀石はマラカイトのこと。緑色の宝石はヒーリング効果に優れると言われる。
    また、クリソコラは調和を意味するともされ、心身を安定させてストレスを解消し、美と愛を象徴する宝石とも言われている。
    繁栄や仕事の成功をもたらす幸運の石とされるほか、創造的・芸術的感性を高める効果も備えるという。
    鉱物としては非常に脆いので、取り扱いには注意が必要。
    また、アクセサリー用途に利用されるものは、透明の樹脂などを染み込ませて硬度を増す含浸処理(がんしんしょり)が施されることが多い。
    クリソコラに石英質が染み込み、透明感の高い塊になったものは
    ジェムシリカ(クリソコラクォーツ)と呼ばれ、特にアメリカなどで人気が高い。

    ★4月5日の誕生日石:カラーレスサファイア(ホワイトサファイア)
    サファイアはコランダムという鉱物のうち、赤色を除く宝石質結晶を指す名称。
    コランダムは様々な不純物が含まれることで青色や黄色、ピンク色など多様なカラーバリエーションが生じるが、
    不純物を含まない純粋なコランダム結晶は無色透明となる。
    石言葉が「聖なる力・輝く知性」とされるように、カラーレスサファイアは強力な魔除け効果を備え、
    近づく邪悪を祓い退けるパワーと、頭脳をスッキリさせて集中力を身に付け、頭の回転を良くするパワーを備えるとされる。
    ただし、無色透明の宝石はダイヤモンドを筆頭に他にも数多く存在するうえ、
    サファイア自体も色付きのほうが人気が高いため、カラーレスサファイアが宝飾品として市場で流通することは少ないと言われている。

    ★4月6日の誕生日石:ブルーダイヤモンド
    ダイヤモンドといえば無色透明で強く輝く宝石を想像するが、
    実際には様々なカラーバリエーションが存在する。
    青色のダイヤモンドはブルーダイヤモンドと呼ばれ、不純物としてホウ素が含まれることが発色の原因とされる。
    しかし地中深くの高温高圧環境で生成されるダイヤモンドに、
    そういった場所にはほとんど存在しないとされるホウ素がなぜ含まれているのかは未だに謎。
    非常に稀なカラーであり、最近では1カラット1億円以上もの高額で落札されたものもあるという。
    ダイヤモンドは最強・万能のパワーストーンとされ、仕事運・金運・恋愛運などあらゆる方面に強いパワーを発揮するという。
    自身の才能や魅力を引き出し、目標達成に向けて力強いサポートをするほか、永遠の愛を象徴するとも言われている。
    また、青色の宝石は知性を表すともされるため、この石は特にその方面の効果が高いという。
    所有者が不幸に見舞われるという伝説の「呪いのダイヤ(ホープダイヤ)」も、
    大変鮮やかな美しいブルーダイヤモンドであることはあまりにも有名である。

    ★4月7日の誕生日石:エッグパール
    卵型の真珠(パール)のこと。真珠は真円に近い方が価値が高いとされるが、
    このエッグパールなどは形状が可愛らしいため、アクセサリー用途として人気が高い形状の一つでもある。
    真珠とは、母貝の内部に入った異物を貝自身が無害化しようとして、
    自らが分泌した炭酸カルシウムなどで包むことで誕生する。
    生物が生み出す鉱物なので生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれる。
    真珠層の成分は貝殻と同じなので、同じ真珠層を持つアサリやシジミなども稀に真珠を生成することがある。
    真珠は強い守護のパワーをもつとされ、ストレスや邪気、不幸や災難から身を守るお守りとされた。
    また、女性の美をや母性を象徴する宝石ともされており、女性が身に着けるとより一層の魅力を引き出すとも言われる。
    特にエッグパールは、その形状から子宝に恵まれたり、安産のお守りとして重宝されてきた。

    ★4月8日の誕生日石:パパラチアサファイア(パパラッチャ)
    サファイアの一種でピンク色とオレンジ色の中間の色のもの。
    サファイアはコランダムという鉱物のうち、赤色を除く全ての宝石質結晶を指す。
    豊富なカラーバリエーションのうち、特別な名称が付けられたものの一つ。
    産地であるスリランカのシンハラ語で「蓮の花」という意味。
    なお、コランダムはダイヤモンドの次に硬い鉱物としても知られる。
    サファイアは洞察力や直感力を高める、心を強くする、知性や理性も向上させるなどのパワーをもつとされるが、
    特にピンク色〜オレンジ色のパパラチアサファイアは恋愛面に強く働きかける力に優れるという。
    隠れていた魅力を引き出し、新しい出会いや恋をもたらすと言われている。
    なお、パパラチアサファイアは天然では大変希少であり、サファイアの王様(キングオブサファイア)や幻の宝石と呼ばれるほど。
    現在では色のよくない結晶を人工的に加熱処理して、鮮やかな発色に改変しているものが多いという。

    ★4月9日の誕生日石:桜石(セラサイト)
    鉱物は形(結晶形)はそのままで、中身(成分)だけが入れ替わってしまうことがある。
    桜石とは、コーディエライトの結晶が風化して、六角柱の形を保ったまま成分のみがモスコバイト
    (白雲母)やクローライト(緑泥石)に変化し、さらに六角柱が中心から放射状に割れて、
    断面がまるで花が咲いているように見えるものを指す名称。
    日本では京都産が有名で天然記念物にも指定されているが、もちろん海外でも産出する。
    もともとのコーディエライトは宝石質だとアイオライトという名称で呼ばれる石。
    独特のすみれ色(やや淡い青紫色)が特徴だが、桜石に変化する前に成分が雲母などに入れ替わっており、
    さらに鉄分が酸化して淡いピンク色などに見えることから、桜に例えて呼ばれている。
    母岩の表面に花が咲いているように見える様子は大変可愛らしい。
    日本では鬼を退ける魔除け・厄除けの石とされ、邪悪から身を守るお守り効果があると言われる。
    また、集中力を高める働きもあるという。

    ★4月10日の誕生日石:カラーレスジルコン
    風信子石(ふうしんしせき)、ヒヤシンス鉱とも呼ばれる鉱物。
    ジルコニウムを含んだ珪酸塩鉱物を指す名称。純粋な結晶は無色透明だが、
    不純物や過熱などによって多彩な発色となる。屈折率が非常に高く、光を当てると美しく輝く特徴をもつ。
    特に無色のカラーレスジルコンはダイヤモンドの代用品にもされたほど。
    現在の模造ダイヤの代表であるキュービックジルコニア(CZ・人工石)とよく似た名称なので誤解を招くが、ジルコンはれっきとした天然鉱物。
    キュービックジルコニアとは成分も特徴も異なるため判別は容易である。
    ジルコンは精神を癒し、トラウマやネガティブな感情を取り除いて心を平安にするという。
    また、集中力や直感力を高め、知恵や名声、財産や健康などももたらすと言われている。
    その強い輝きで未来を明るく照らしてくれるとも。

    ★4月11日の誕生日石:オニキス(黒と白)
    オニキスはアゲート(瑪瑙)の一種で、アゲートのうち縞模様が直線状になっているものを区別する呼称。
    縞瑪瑙とも呼ぶ。さらに言えば、アゲートはカルセドニーの一種であり、
    カルセドニーは微小な石英結晶が集合したものなので石英グループに含まれる。
    ちなみに石英結晶が単独で大きく成長したものが水晶なので、水晶やアメシストなども近い存在とする場合もある。
    アゲートの一種なので様々な色があるが、本日は黒と白のもの。
    古来より魔除けのお守りとして利用されており、邪悪や嫉妬から身を守ると言われている。
    また、本人の被害妄想や憂鬱などネガティブな感情も除くとされる。
    さらにこれらの効果の賜物として、幸運を引き寄せるパワーも備えるとされる。

    ★4月12日の誕生日石:ピンクフローライト
    フローライトは和名を蛍石(けいせき)という。
    様々な不純物によって多様なカラーバリエーションが存在する鉱物で、加熱すると発光する特徴をもつ。
    稀に紫外線で蛍光するものもある。
    アクセサリー用途としては緑色や紫色、青色などのカラーが多く、ピンク色は産出自体が少なく珍しい。
    フローライトはストレスを解消して心身を癒すヒーリング効果や、頭脳を活性化して明晰にし、
    思考力や集中力、記憶力や判断力、さらに冷静さを高める働きがあるとされる。
    別名「知識の石」と呼ばれることも。
    ピンクフローライトはそれらの効果に加え、持ち主の魅力、特に女性の気品や美しさを引き出してくれるパワーがあると言われている。

    ★4月13日の誕生日石:バイオレットパール
    紫色、もしくは紫色がたったパール(真珠)のこと。
    真珠には様々な発色があるが、天然で紫色のものは珍しく、特に海水真珠は非常に少ない。
    真珠は貝の中で守られて成長することから、強い守護のパワーをもつと言われており、
    古くからストレスや邪気、不幸や災難から身を守るお守りとして利用された。
    女性の美をや母性を象徴する宝石ともされ、女性が身に着けるとより一層の魅力を引き出すと言われている。
    バイオレットパールはその色からミステリアスで魅惑的な宝石とされ、気高さや美しさ、美容や健康を表すとされる。
    大人の魅力を備えたい女性が身につけると効果的と言われているが、
    比較的安価な淡水パールでは、紫色に染色されて流通しているものもあるので注意が必要である。

    ★4月14日の誕生日石:カラーレストパーズ(ホワイトトパーズ)
    無色のトパーズのこと。トパーズも不純物が微量に含まれることで多彩なカラーバリエーション
    が生じるが、不純物の含まれない純粋なトパーズ結晶は無色透明となる。無色透明の
    宝石は水晶やダイヤモンドが代表的であるため、カラーレストパーズが宝飾品として
    流通することは比較的少ない。しかし硬度や屈折率が水晶より高く輝き方も若干異なる
    ため、宝石としての魅力は高い。知性を象徴するとされ、身に付けると頭の回転が良く
    なるという。また、集中力や直感力も向上するほか、他人に頼らず自分で成し遂げよう
    とする気持ちも現れるとされる。カラーレストパーズは見た目が水晶に似ているため、
    古くには混同されたこともある。また、無色のトパーズは放射線処理によってブルー
    トパーズに改変されることも多い。トパーズは11月の誕生石でもある。

    ★4月15日の誕生日石:ラウンドパール(真円真珠)
    丸い球状のパール(真珠)は、その状態によって4種類に区別される。最も真円に近いものが
    「ラウンド」で、真円から離れるにつれて「セミラウンド」「セミバロック」「バロック」
    とされる。ラウンドパールは最も価値が高く、天然では非常に少ない。心身のリラックス
    効果を備えるとされるほか、創造力を高めたり、健康や長寿をもたらす、妊娠や安産の
    お守りとされるなど、古くから世界中で人気が高い宝石である。生体が作る宝石のため
    アンバー(琥珀)などと同様に「生体鉱物」に分類され、硬度が低く薬品などに弱い性質も同じ。
    真珠層をもつ全ての貝は真珠を生成可能である。本真珠で知られるアワビやアコヤ貝のほか、
    南洋真珠の白蝶貝、黒真珠の黒蝶貝、マベパールのマベ貝、希産のコンクパールを産む
    コンク貝、淡水真珠のカラス貝やイケチョウ貝が代表的だが、稀にアサリやシジミも真珠を
    生み出すことがある。

    ★4月16日の誕生日石:ヒデナイト
    スポジュメン(リシア輝石)の一種で、黄緑色〜緑色で宝石質のものをヒデナイトと呼ぶ。
    スポジュメンのピンク色のものはクンツァイト、黄色のものはトリフェインと呼ばれており、
    ベリルやコランダムと同様に色によって異なる名称で呼ばれる宝石である。
    発色原因は不純物が含まれることで、純粋な結晶は無色透明。ヒデナイトは産出量が少なく珍しい。
    頭の回転を高め、頭脳を明晰にするパワーを備えると言われている。
    また、集中力や理解力をアップさせる働きもあるため、勉強や仕事の際に身に付けると効果的とされる。
    見る角度によって色が変わって見える多色性(たしきせい)を備えるため、アクセサリーに加工される際はカットが重要である。
    また、希少石のためコレクターにも人気が高い。
    クンツァイトに放射線を照射し、緑色に改変したものも流通していると言われるため、入手の際は注意が必要である。

    ★4月17日の誕生日石:グリーンスピネル
    緑色のスピネル(尖晶石)。ピラミッド状の四角錐が背面合わせに結合した特徴的な正八面体の結晶のため、
    ラテン語の「棘」の意味から名づけられた。赤・青・緑・黄・ピンク・無色など多彩な発色で知られ、
    ルビーやサファイアと同じ場所から産出するため長きに渡って他の宝石と混同され続けてきた過去をもつ。
    スピネルは風邪や病気の治癒、免疫力を高めるといった健康面のパワーを備えるとされ、古来から病気の予防や治療、
    体調を整えたり身体を強化する目的などで身に付けられた。
    また、人間関係を良好にする効果もあると言われている。
    青色で若干緑色がかったものはあるが、緑色が強いグリーンスピネルは産出量が少なく珍しい。

    ★4月18日の誕生日石:プリティレッドゴールド
    ゴールド(金)に他の金属を混ぜて赤みを増した金合金。
    銅含有率が20%のピンクゴールドよりも赤みが強く、銅の割合は60%にも達する。
    ゴールドはそのままでは柔らかすぎて非実用的なため、装飾品としては合金にされて利用することが一般的。
    混ぜる金属の種類や割合によって、ホワイト・イエロー・グリーン・レッド・ブラックなど各種のカラーゴールドとなる。
    レッドゴールドは銅の割合が高いため、他のカラーゴールドよりも柔らかい特徴がある。
    また、金比率が低いため比較的安価でもある。
    その色合いから恋愛面に効果があるとされ、持ち主の魅力を高めて周囲にアピールする働きがあるという。
    一般的なゴールドは富や名誉、幸福や健康などを象徴するとされるほか、
    別のパワーストーンと一緒に身に着けると、その石の効果を高めるともいう。

    ★4月19日の誕生日石:バイオレットジルコン
    紫色のジルコン。ただし大変希産であり、現在では天然バイオレットジルコンは宝飾品として流通していないとも言われる。
    ちなみに紫の英語は「パープル」だが、バイオレットはやや青みが強い紫色を指すとされ、
    花のスミレや虹の紫色のことをバイオレットと呼ぶ。ジルコンは多様なカラーバリエーションと強い輝きが特徴で、
    人工石のキュービックジルコニアが開発される前は、無色透明のジルコンがダイヤモンドの代用品としても利用されたこともある。
    パワーストーンとしては心身のストレス解消、思考や感情のバランスを保ち、心に平安を与える働きをするという。
    また、邪悪や不幸から身を守る魔除けのパワーも備えると言われている。

    ★4月20日の誕生日石:ジェダイト
    ジェダイトとは翡翠輝石(硬玉)のこと。
    しばしば混同されるが、ネフライト(軟玉)とは全く別の鉱物である。
    世界で広く「翡翠(ひすい)」として珍重される宝石は、このジェダイトであるが、
    中国周辺ではネフライトを珍重した歴史的事情のため、ジェダイト・ネフライトを共に翡翠と呼んで混同してしまう場合も多い。
    両者は成分も構造も特徴も異なるため、鑑別すれば区別は容易。
    現代でも「翡翠」を入手の際は、ジェダイトかネフライトかを確認したほうが無難である。
    ジェダイトは成功や繁栄を意味するとされ、世界中で貴族や支配階級に愛された。
    持ち主の精神を成長させ、人徳を高めて周囲の人々を引き付る効果もあるという。

    ★4月21日の誕生日石:アンダリューサイト(アンダルサイト)
    スペインのアンダルシア州で発見されたことが名前の由来。
    一見すると褐色だが、見る角度によって黄・緑・赤色っぽく変化して見える多色性(たしきせい)を備えた宝石として知られる。
    また、鉱物学的には、カイヤナイト・シリマナイトを含めた三種は化学組成(成分)が同一で、
    結晶構造が異なる同質異像(どうしついぞう)の関係であることも有名。
    希望・成長・繁栄を意味するとされるほか、集中力や洞察力を高めたり、ストレス解消の効果があるとされる。
    また、持ち主の内面の魅力を引き出して、新しい出会いや恋をもたらすとも言われている。
    アンダリューサイトの中に黒い十字模様が現れたものはキャストライトと呼ばれる。

    ★4月22日の誕生日石:カメオ
    宝石に浮き彫りを施す彫刻方法のこと。
    転じてその彫刻が施された装飾品をカメオと呼ぶ。
    発色が層状に異なる、あるいは発色が濃淡となった岩石を立体的に削って模様を浮き出させるため、
    古くからアゲート(瑪瑙)やシェル(貝)などが最適な素材として用いられたが、もちろん他の素材に施される例も多い。
    紀元前400年頃に技法が開発され、以来長きに渡って人々に親しまれている宝石加工技術である。
    古くから健康や富、愛や幸福をもたらすとされ、婚約や結婚の際には、愛の証として恋人のレリーフをかたどったカメオを婚約者に贈ったとされる。
    また、身に着けると他者や物事に対して愛情あふれる大らかな心で接することができるようになるとも。
    ちなみに正確にはカメオは浮き彫りのことを指し、沈め彫りはインタリオと呼ぶ。
    しかし現在ではまとめてカメオと称されることも多い。
    また、素材によってストーンカメオ、シェルカメオ、メタルカメオ、アクリルカメオ、ガラスカメオなどと呼び分ける場合もある。

    ★4月24日の誕生日石:クンツァイト
    ヒデナイトやトリフェインと同じくスポジュメン(リシア輝石)の一種で、
    淡いピンク色〜紫色の宝石質結晶をクンツァイトと呼ぶ。
    同様に黄緑色〜緑色のものをヒデナイト、黄色のものはトリフェインと呼び、ベリルやコランダムと同じく、
    発色によって異なる名称で呼ばれる宝石である。
    クンツァイトは「ライラックカラー」「ラベンダーピンク」「バイオレットピンク」などと表現される可愛らしい発色から、
    恋愛、それも慈愛や献身的な純粋な愛のパワーを備えるとされている。
    身に付けると感情を穏やかに、心を寛大にし、他者に対して思いやりの愛情をもって接するようになれると言われている。
    心身に平穏と安らぎをもたらすため、恋愛で悩んだり、失恋の際などにも効果的。
    クラックが多く割れやすいうえ、太陽光や加熱で退色するなどの弱点も多い。取り扱いには注意が必要である。

    ★4月25日の誕生日石:グリーンガーネット(グリーングロッシュラーライトガーネット・ツァボライト)
    ガーネット(柘榴石)は含まれる成分が非常に多彩で、鉱物としては成分の違いなどで16種類ものグループを構成している。
    宝石として利用されるのはそのうち6種類。
    成分の違いで多様な発色をし、赤色系統のものが知られるが、緑・黄・オレンジなども存在する。
    グリーンガーネットはカルシウムやアルミニウムが中心のグロッシュラーガーネットのうち、
    僅かにクロムやバナジウムが含まれて緑色に発色したものを指す。数多いガーネットの中でも比較的希産な宝石の一つ。
    ガーネットは権力や勝利、優雅の象徴とされ、古代から神聖視された。
    強い生命力や情熱、実りや豊潤を意味するとされ、身に付けると身体に活力をもたらし、勇気や行動力を得られると言われる。
    さらにグリーンガーネットは美容にも効果があるとされ、アンチエイジングパワーを備えるという。
    緑色の宝石はヒーリング効果もあると言われているが、この宝石にももちろん備わるとされている。
    ガーネット全般は1月の誕生石でもある。

    ★4月26日の誕生日石:アメシスト
    ギリシャ語で「酔わない」という意味のアメシスト。2月の誕生石でもある紫色の水晶である。
    発色の原因は微量に鉄が含まれること。
    黄色のシトリンや褐色のスモーキークォーツとは、不純物のバランスが僅かに異なるだけなので、
    アメシストとシトリンが混じったり、シトリンとスモーキークォーツが混じっているものなどが存在する。
    語源の通り悪酔いをしないお守りとして用いられたほか、様々な邪悪から身を守る魔除けとしても身に着けられた。
    また、直感力や感受性、知性を高め、自分を見失うことなく冷静に判断・決断できる力を得られると言われている。
    さらに信頼できるパートナーを見つけることができるようになるとも。
    アメシストは紫外線によって退色するため、保管の際は注意が必要。
    また、加熱して黄色のシトリンに改変したり、放射線照射も加えて緑色のブラシオライト(グリーンアメシスト)に改変されることもある。
    ちなみに正確な発音、「アメジスト」ではなく濁点がつかない「アメシスト」である。

    ★4月27日の誕生日石:カーネリアン
    微小な石英(クォーツ)が密集したカルセドニーのうち、赤褐色やオレンジ色のもの。
    縞模様があるとサードニクス(紅縞瑪瑙)と呼ばれる。
    カーネリアンはラテン語の「肉」を由来するとされ、文字通り鮮やかな発色が情熱や好奇心を呼び起こすとされる。
    やる気や元気をもたらし、心身を明るく活発にして積極性を増し、結果的に人間関係や恋愛運、
    仕事運などを向上させると言われている。
    従って、身に付けると内面から溢れるプラスのエネルギーで幸運を引き寄せるとされている。
    かのナポレオンやイスラム教の教祖マホメットもこの石で作った印章を用いたという。
    古代インダス文明では、カーネリアンを宝飾品として加工・生産して繁栄を極めたという。
    また、ルビーと同様に7月の誕生石である。

    ★4月28日の誕生日石:キンバーライト原石
    ダイヤモンドが含まれる岩石としても知られる。
    地球内部のマントルで生成される岩石で、火山の噴火によってマグマとなって地表に噴出する。
    ダイヤモンドは地中深くの高温高圧環境で誕生し、キンバーライトに含まれて高温高圧状態を維持したまま、
    超高速で短時間に地表付近まで上昇すると考えられている。
    そのためダイヤモンド鉱山の多くはキンバーライト地帯に存在する。
    キンバーライト自体はかんらん石(オリビン)や雲母(マイカ)を主要成分とした岩石であり、
    独特の性質から鉱物学的には注目されるが、見た目は地味なため装飾や宝飾には利用されない。
    ただしダイヤモンドの母岩・地球内部からやってきた岩石などの理由から、
    パワーストーンとしては母性を育てる石・出産や育児のお守りとして用いられ、出産の痛みを和らげたり、温かな気持ちで子育てができるようになるとされる。
    他の鉱物(ダイヤモンド)を中に含むことから、異質なものを包み込む力があるとされ、特に人間関係を良好にする働きがあると言われている。

    ★4月29日の誕生日石:ヒデナイト原石
    スポジュメン(リシア輝石)の一種で、黄緑色〜緑色で宝石質のものをヒデナイトと呼ぶ。
    スポジュメンのピンク色のものはクンツァイト、黄色のものはトリフェインと呼ばれており、
    ベリルやコランダムと同様に色によって異なる名称で呼ばれる宝石である。発色原因は
    不純物が含まれることで、純粋な結晶は無色透明。ヒデナイトは産出量が少なく珍しく、
    コレクターにも人気が高い。頭の回転を高めて頭脳を明晰にするパワーや、心身を癒す
    ヒーリングパワーを備えるとされる。また、集中力や理解力もアップさせるため、勉強や
    仕事の際に身に付けると効果的とされ、原石はこれらの効果が強く現れるという。
    見る角度によって色が変わって見える多色性(たしきせい)を備えるため、アクセサリーに
    用いる際はカットや取り付け角度も重要である。クンツァイトに放射線を照射し、緑色に
    改変したものも流通していると言われるため、入手の際は注意が必要である。

    ★4月30日の誕生日石:シリマナイトキャッツアイ
    キャッツアイ効果をもつシリマナイト。
    キャッツアイはシャトヤンシーとも呼ばれる特殊効果で、鉱物内に針状の細長い結晶が平行に含まれた石を、
    その結晶方向に沿ってカボションカットすることで、光の反射が細い条線となって表面に現れる現象を言う。
    角度を変えると光の条線が猫の細い瞳孔のように見えることから名づけられた。
    シリマナイトはカイヤナイト・アンダリュサイトと成分が同一だが、結晶構造や物理的性質が異なる同質異像鉱物として知られている。
    特にシリマナイトは結晶が繊維状になっているものが多く、別名ファブロ(繊維)ライトとも呼ばれている。
    その構造からキャッツアイ効果が現れやすい宝石とも言えるが、宝石質結晶は非常に少ないため、宝飾品として流通することは稀。
    自己の成長を促すパワーがあるとされ、成長や浄化、願望成就や成功を意味するとされる。
    身体を活性化させる働きや、危険を予知して回避させるよう導く効果も備えるとも。
    キャッツアイをもつ宝石は魔除け効果も備えるとされており、お守りとしても身に着けられる。

  • ★3月3日の誕生日石:モルガナイト
    ピンク色のベリルのこと。ベリルは発色によってアクアマリン・エメラルド・ヘリオドール
    ゴシェナイトなどと呼ばれる。主要成分は同一だが、微量に含まれる不純物によって
    カラーバリエーションが決定される宝石でもある。モルガナイトには淡いピンク色から
    ローズピンク、さらにオレンジ色に近いものまで含まれる。愛情・清純・優美を表すとされ、
    持ち主の隠れた魅力を引き出し、母のような深い愛情で傷ついた心を癒してくれるという。
    また、理想の相手を引き寄せる恋愛面のパワーも備えると言われるほか、直感力や洞察力
    など物事の真実を見極める力も与えてくれると言われている。

    ★3月4日の誕生日石:シルバー
    古くから銀は聖なる月の金属とされており、太陽を象徴する金(ゴールド)と共に、装飾や貨幣、
    金属製品など様々に利用されてきた。室温下での電気伝導率・熱伝導率・可視光線反射率が全ての金属の中で最大であり、
    磨くと強く輝く様子から日本では「しろがね」とも呼ばれた。
    さらに、1gの銀は2200mの線に伸ばせるという金に次ぐ延性(伸びやすさ)と展性(変形しやすさ)を備え
    金属加工が容易・バクテリアの殺菌効果が高く抗菌・殺菌・医療製品に適する
    食品の着色料や化粧品にも利用可能など、多様な利用方法がある金属でもある。
    パワーストーンとしては光り輝く様子から邪悪を退け、月の強い守護力で保護し、幸運をもたらすとされる。
    また、他のパワーストーンと一緒にすると、石の効果をより一層引き出すとも。
    様々な化学物質に反応して容易に変色するため、表面にコーティング処理が施されていない場合、
    空気中の硫黄に反応して黒ずんでしまう。
    食器に銀が利用されるのは、貴族や支配階級が食事への毒物(化学物質)混入を察知できるようにしたためと言われている。

    ★3月5日の誕生日石:ブルーサファイア
    コランダムのうち、赤色の宝石質の結晶はルビー、その他の色の宝石質結晶は全てサファイアと呼ばれる。
    そのためサファイアには青色だけではなく、黄色・褐色・薄赤色など様々なカラーが存在し、
    混同防止のために色名をつけて呼ぶことが推奨されている。
    ブルーサファイアはサファイアの中でも最も古くから宝石として利用されたため、
    「サファイア=青」と広く誤解されてしまった。発色の原因はチタンや鉄分を含むため。
    知性を高めて頭脳を明晰にし、困難に対しても冷静な思考力で正しい判断が下せるようになるとされる。
    また、激しい感情を落ち着かせ、理性的に物事の本質を見抜く洞察力が得られるほか、
    持ち主の才能を引き出して新しいアイデアを得られるとも言われている。

    ★3月6日の誕生日石:虫入り琥珀(虫入りアンバー)
    琥珀とは、数百万年前の樹木から流れ出た樹脂が地中で化石化したもの。
    他の宝石と異なり有機物である。樹液は粘度が高いため、
    虫がとまると脱出できずに閉じ込められてしまう場合があり、そのまま地中に埋まって化石化すると虫入り琥珀となる。
    また、植物の葉が混入していることもある。琥珀はこすると静電気を帯びる特徴があるため、
    良い気をひきつけ、悪い気から守ると言われている。
    また、黄色のものが多いために金運に効果があるとされ、さらに人気運も向上するとされる。
    虫入り琥珀はより一層強いパワーをもつ縁起が良い石とされ、妊娠や流産のお守りの効果もあると言われている。
    ただし現在虫入り琥珀として流通しているものは、溶かした樹脂や琥珀の中に虫を入れて作ったフェイクが非常に多いという。

    ★3月7日の誕生日石:アクロアイト
    無色透明のトルマリン(電気石)のこと。
    トルマリンには様々なカラーバリエーションがあるが、無色透明のものは珍しい。
    ただし見た目が水晶などにそっくりなので、希少石にも関わらず、宝石としての価値はさほど高くなく、
    加工して装飾用途にされているものは少ない。
    高いヒーリングパワーを持つとされており、過去のトラウマや不安な気持ちを捨て去り、
    心身をリラックスさせて純真で透明な心を取り戻せるようになると言われている。
    悲しみを忘れて気持ちを切り替えることができるとされるため、
    新しい生活にチャレンジする際などに身に着けると最適と言われている。

    ★3月8日の誕生日石:アメシスト原石
    水晶を構成する珪素の一部が、僅かに鉄イオンに置換することでカラーセンターが発生し、紫色になったものがアメシスト。
    和名は紫水晶である。さらに熱が加わると黄色のシトリンに変化する。
    紫色のアメシストは高貴な宝石として古くから珍重されており、貴族や神官などが好んで身に着けた。
    持ち主の隠れた才能や魅力、美しさなどを引き出し、恋愛運を高めたり、邪悪な気から身を守ると言われている。
    精神安定効果もあるとされ、逆境に直面したり不安に苛まれても、感情を冷静にして進むべき正しい道を示してくれるとされる。
    さらに酒に悪酔いしない効果や直感力を高める働きもあるとも。
    原石はこれらの効果をより一層強く備えていると言われている。

    ★3月9日の誕生日石:シルバーパール
    真珠は母貝の内部に入った異物を無害化しようと、貝自身が分泌した炭酸カルシウムなどが付着してできたもの。
    生物が作る鉱物なので生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれる。
    真珠層の成分は貝殻と同じため、真珠層を持つアサリやシジミなども稀に真珠を生成することがある。
    真珠には多彩な発色があるが、シルバーパールは文字通りメタリックな銀色の発色のものを指す。
    真珠は貝の中で守られて成長することから、強い守護のパワーをもつとされ、ストレスや邪気、
    不幸や災難から身を守ると言われる。
    女性の美や母性を象徴するともされ、特に女性が身に着けるとより一層の魅力を引き出すとも言われる。
    さらに枕元におくと安眠を得られるなど、ヒーリング効果にも優れるとされる。
    シルバーパールは特に精神や感情面のバランスを保つ働きが強いと言われている。

    ★3月10日の誕生日石:真鍮(しんちゅう・ブラスインゴット)
    銅と亜鉛の合金で、亜鉛が20%以上のもの。工業用材料としては黄銅(おうどう)とも呼ばれる。
    亜鉛35%のものが一般的で、銅60%・亜鉛40%のものを六四真鍮、銅70%亜鉛30%のものを七三真鍮と呼ぶ。
    適度な強度と加工のし易さを備え、比較的安価であるために金属製品の素材として多用されており、
    アクセサリー用品や金物、インテリアや雑貨、五円硬貨や吹奏楽の多くの金管楽器などにも利用される便利な金属である。
    身に着けると健康になれるとされ、心身を癒して気持ちを落ち着かせてくれると言われている。
    また、長寿の効果もあるとも。
    銅と亜鉛の合金なので水や空気で変色するが、布で磨くなどの手入れをすると輝きが戻る。

    ★3月11日の誕生日石:イネサイト
    マンガンとカルシウムが含まれた珪酸塩鉱物で、ロードナイトなどと同様に、
    マンガン含有鉱物ならではの美しいピンク色の発色が特徴の石。
    針状や繊維状の結晶が集合した形状で、宝石ではなく標本や置物として流通することが一般的。
    近年は産出も減少しているという。
    パワーストーンとしての効果は、人間関係や恋人との恋愛関係などを改善・修復するとされる。
    また、身に着けると芸術的感性を高めることもできるとも。
    日光や外気に長時間さらされるとマンガンが酸化して黒く変色する。保管には注意が必要である。

    ★3月12日の誕生日石:アクアマリン原石
    エメラルドやモルガナイトなどと同じくベリルという鉱物の一種で、ベリルの中でも水色の宝石質結晶を指す。
    緑色に近いものも多いが、大半は人工的に加熱して水色に改変されて流通しているという。
    幸福・富・健康・永遠の若さや勇気を象徴するとされ、感性や表現力を高める効果もあるとされる。
    また、人間関係を良好にするパワーもあるとされ、結婚や出産のお祝いに贈られると幸福になれるとも言われている。
    原石はこれらのパワーをより強く発揮するという。
    アクアマリンは3月の誕生石でもある。
    また、日本ジュエリー協会では正式名称をアクワマリンとしているため、日本ではこの名称で流通していることもある。

    ★3月13日の誕生日石:イエローダイヤモンド
    文字通り黄色のダイヤモンド。
    ダイヤモンドは無色透明のものが最も価値が高いが、
    はっきりとした発色をしているものはファンシーダイヤモンドと呼ばれ、また別の基準で価値が高まる。
    イエローダイヤモンドは比較的産出量が多く、ファンシーカラーダイヤモンドの中ではやや安価とされるが、
    カナリーイエローなど鮮やかな黄色の発色のものは高額である。
    宝石の王様とされるダイヤモンドは、身に着けると自信や才能を引き出し、富や権力、地位や名声、
    仕事や健康などあらゆる方面の効果を得られると言われている。
    イエローダイヤモンドは特に金運に優れるとされ、同じく金運や幸運をもたらすイエローゴールドと組み合わせると、より高いパワーを発揮するという。

    ★3月14日の誕生日石:カラーレススピネル
    無色透明のスピネル(尖晶石)。
    スピネルは様々なカラーバリエーションがある宝石だが、それらは不純物が含まれることが発色の原因である。
    無色のカラーレススピネルは、不純物が含まれない純粋な結晶である証拠だが、
    見た目が水晶とそっくりで地味なため、宝飾品としての需要は低い。
    そもそも無色のスピネル自体が希産であり、アクセサリーに加工されることも非常に稀である。
    無色透明な輝きは純粋や純真の象徴とされ、心を清らかにし、不安や失恋などの心の傷をリセットすると言われている。
    また、純粋な気持ちで新たな好奇心を呼び起こすとも。
    スピネルは風邪や病気の治癒、免疫力を高めるといった健康面のパワーを備えるとされ、古来から利用されていた。

    ★3月15日の誕生日石:オレンジムーンストーン
    ムーンストーンというと白や灰色を想像するが、ベースである長石(フェルドスパー)の一種であるオーソクレースはピンクやオレンジ、
    ベージュ色の場合もあり、それらにシラーが現れたものがオレンジムーンストーンと呼ばれる。
    シラーの色は白〜乳白色である。ムーンストーンのシンボルは月。
    月の光をもつ聖なる石とされ、古くから魔除けとして使用された。
    特にオレンジムーンストーンは女性の美を象徴するとされ、身に着けると外見だけでなく内面も美しくしてくれるとされる。
    恋愛面にも効果があるとも言われており、女性の優美な魅力を高めて恋をもたらしたり、パートナーとの絆を深めてくれると言われている。
    また、心を穏やかにして精神を落ち着かせ、心を癒すと言われている。
    生理痛や不妊の改善や、難産から守ってくれる働きもあるという。

    ★3月16日の誕生日石:ローズクォーツ
    水晶(クォーツ)の一種で、ピンク色のものを指す。
    淡い色から濃い色まで様々で、和名は紅水晶である。
    なお、発色の原因は現在でもはっきりとしていないという。
    愛と美の女神アフロディーテを象徴するとされ、恋愛をもたらすパワーストーンとして人気が高い。
    美的効果にも優れ、美しさや若さを保つとされるほか、愛情や穏やかさ、
    優しさや思いやりなどといった愛のエネルギーを高めるという。
    また、癒し効果にも優れており、失恋の傷を癒して心を穏やかにし、新しい恋に向かうことができるようになるとも。
    人間関係を円滑にする効果も備えるとされる。

    ★3月17日の誕生日石:エメラルド
    エメラルドはアクアマリンやモルガナイトなどと同じく、ベリルという鉱物の一種。
    不純物(クロムやバナジウム)が含まれることで美しい緑色になるが、
    その不純物が傷やクラックが非常に多い原因ともなっている。
    天然で傷が少ないエメラルドは非常に少なく、「傷の無いエメラルドを探すのは、
    欠点のない人間を探すのと同じくらい難しい」と言われるほど。ただしそういったインクルージョンを観察するのも、
    エメラルドの楽しみならではとされてるほか、現在は傷や不純物が無い人工エメラルド結晶も製造可能なため、
    「傷やインクルージョンが含まれることが天然の証明」ともされる。
    心身のヒーリング効果に優れるとされ、ストレス解消に役立つとされるほか、魔除け効果も備え、近づく不幸を遠ざけるとされる。
    身に着けると不安や悩みを解消し、ネガティブな感情を取り除いて充実した人間関係を築くとも言われている。

    ★3月18日の誕生日石:エマイユ
    エマイユは鉱物ではなく、いわゆる七宝焼き(しっぽうやき)のこと。
    伝統工芸の一種で金属製の下地に彩色ガラス(釉薬)で模様や絵柄を描き、700〜800度で焼いて焼成したもの。
    中近東が発祥地とされ、シルクロードを経由して日本に伝わった。
    仏教の七宝のように美しいことから七宝焼きと名づけられたと言われている。
    金属にガラスを塗る点では調理機材の琺瑯(ほうろう・ホーロー)と同じ。
    非常に美しい装飾品なので、その輝きで近づく邪悪を遠ざけると言われており、お守りとして身に付けられる。
    七色の光は金運・恋愛運など様々な効果を発揮するとも。

    ★3月19日の誕生日石:バイカラークォーツ
    水晶(クォーツ)は様々なカラーバリエーションがあり、中には複数の色が含まれた結晶もある。
    2色が含まれたものがバイカラークォーツと呼ばれ、アメシスト(紫)とシトリン(黄)が含まれたアメトリンや、
    スモーキークォーツ(茶)とシトリン(黄)、ローズクォーツ(ピンク)と水晶(無色)、
    アメシスト(紫)とブラシオライト(緑)など様々なパターンがある。
    2つの色が一緒になっている様子は二面性を表すとされ、自身の長所を伸ばすと同時に、
    短所を改善する手助けをしてくれると言われている。
    自己矛盾をなくすとされるため、結果的に自身の人間性を高める効果があるとされる。

    ★3月20日の誕生日石:ドラゴンパール
    真珠(パール)の一種で、形状がドラゴンの形に見えるもの。
    変形真珠はバロックパールと呼ばれ、様々な形状があることから収集の対象ともされる。
    ただし見た目だけで判断されるため、具体的にどういったものがドラゴンパールと呼べるかの規定は存在しない。
    真珠は不幸や災難から心身を守る強い守護の効果があるとされ、さらに女性の内面の美しさや魅力、健康などを表すとされる。
    パワーストーンとしての効果は海水/淡水真珠の区別はなく、同じとされている。

    ★3月21日の誕生日石:アイアン(鉄)
    金属の鉄が本日の誕生日石。地球上に豊富にある鉱物で、酸素に触れると錆びてしまうものの、
    加工のしやすさから人類が古代から利用している金属素材でもある。
    人間の生命維持にも必須の栄養素で、人体には釘1本分程の重さの鉄分が含まれる。
    パワーストーンとしては強さと堅さを象徴しているとされ、持ち主に強い意志や力強いパワーを与えると言われる。
    血液中に含まれるため、血液の浄化や血流の良化による健康や美容効果といった血液に関するパワーも得られるという。

    ★3月22日の誕生日石:ソグディアナイト
    あまり聞かない名称の石だが、スギライトに似たピンク〜紫色の美しい宝石。
    中央アジアのタジキスタンにあった古代ソグディア王国付近で発見されたため、この名称が付けられた。
    希産のため流通が大変少なく、日本で装飾品として加工された結晶を見かけるのは非常に稀。
    以前は見た目が似ているスギライトと混同されたこともある。
    持ち主の魅力を引き出して人気を高め、異性はもちろん同性からも好かれるようになると言われている。
    また、想いを伝える働きもあるとされ、意中の人を振り向かせるほか、自身の願いを叶える効果もあると言われている。

    ★3月23日の誕生日石:ピクチャージャスパー
    ジャスパーとは微小な石英の結晶が集合したもので、不純物が多く含まれるために不透明になったもの。
    ただしピクチャージャスパーは、正式にはシリシファイド・ピクチャー・サンドストーンであるとされる。
    サンドストーンとは微小な砂で構成された堆積岩のこと。
    シリシファイドは隙間を珪質(石英)で埋められたことを示す。
    ジャスパーとサンドストーンは鉱物学的には別ものだが、模様が絵画のように見えるものをピクチャージャスパーと呼んでいる。
    褐色に黒い筋が多様に入っているものが多く、研磨すると木目のように見えることも。
    古来から聖なる石とされ、持ち主をあらゆる災難から守ると言われている。また、生命力や精神力を強くするともされ、
    行動力を高めて新たな挑戦にも不安なく立ち向かうサポートをしてくれるという。
    旅行や冒険の際に身を守ってくれる守護石とされることも。

    ★3月24日の誕生日石:グリーンアベンチュリン
    アベンチュリンは微小な石英(クォーツ)結晶が固まったものが熱で溶け、再度固化したもの。
    いったん溶解ののち固化したため、石英が結晶状態を保っておらず、珪岩(クォーザイト)という岩石に分類される。
    従ってアベンチュリンクォーツと呼ばれることもあるが、厳密にはクォーツの仲間には含まれない。
    アベンチュリンにクロム雲母(フックサイト)が混じり、緑色になったものがグリーンアベンチュリン。
    内部のフックサイト結晶がキラキラと光る様子がアベンチュリン効果と呼ばれている。
    また、インド翡翠と呼ばれることもあるが、もちろん翡翠とは無関係。
    緑色の石はヒーリング効果を備えるとされ、ストレス解消や心身を安定させる効果があるという。
    心を穏やかに、寛大にするため、怒りを鎮めて優しい気持ちになれるとも。

    ★3月25日の誕生日石:ピンクジルコン
    ジルコニアとよく似た名称なのでしばしば混同されるが、ジルコンはれっきとした天然鉱物。
    美しいものは宝石として利用され、カラーバリエーションが豊富なことも有名。
    ジルコンは出産のお守りとして古くから用いられ、特に出産の苦しみを和らげる力があると言われる。
    さらにピンクジルコンは持ち主の魅力を高めるほか、愛の石としての効果もあるとされ、過去の恋愛のトラウマを解消するパワーも備えるという。
    現在流通しているピンクジルコンは、ほとんどが加熱処理を施されたものとされる。
    なお、代表的なダイヤモンドの模造石・キュービックジルコニアは、人間が作った人工石。
    ジルコンは複屈折の性質があり、紙に線を書いて石で透かして見ると二重に見える(ダブリング・二重像現象)が、
    ジルコニア(単屈折)にはそれがないため見分けは容易。

    ★3月26日の誕生日石:プラチナ原石
    白い光沢をもつ金属で和名は白金。金(ゴールド)にパラジウムなどを混ぜた合金のホワイトゴールドとは異なる。
    直感力を高め、深い洞察力を身に付けられるとされ、選択に迷った時も正しい道に進めることができるという。
    そのため物事をスムーズに成功に導くとされ、仕事運のほか恋愛運にも効果が発揮されるとも。
    他のパワーストーンのエネルギーを高めるとも言われており、宝飾品の台座などに最適とされる。
    酸化に強いなど宝飾品として非常に優れた素材であるほか、化学的にも様々な特性をもち、工業用としての需要も高い。
    レアメタルの中でも特に希産で、1トンの岩石にたった0.001gしか含まれていない。
    世界中でも年間僅か194トンしか産出しないという。

    ★3月27日の誕生日石:パープルジルコン
    文字通り紫色のジルコンのこと。
    ジルコンとは、ダイヤモンドの模造品として有名なキュービックジルコニア(人工石)とは、
    名前が似ているが全く異なる天然鉱物である。
    ただし純粋な無色のジルコンがダイヤモンドのイミテーションとして利用されたこともあるので、
    なお一層ダイヤモンドの代用品としての印象が強い。
    ジルコンは多様なカラーバリエーションがあるが、天然で紫色のジルコンは非常に稀。
    パワーストーンとしては女性的なエネルギーを備えているとされ、
    特に大人っぽくセクシーでチャーミングな「魅力」を引き出すと言われている。
    自分自身も自らの内面の美しさや柔らかさ、魅力に気がつくようになるため、自分に自信がもてるようになるとも。

    ★3月28日の誕生日石:ピンクゴールド
    ゴールド(金)に他の金属を混ぜてピンク色っぽくした合金。
    18金の場合、金75%と、残りの80%程度(残り25%の80%=全体の約20%前後)で銅を混ぜたもの。
    ゴールドはそのままでは柔らかすぎて実用的でないため、装飾品としては合金にされることが一般的。
    混ぜる金属の種類や割合によって、ホワイト・イエロー・グリーン・レッド・ブラックなど各種のカラーゴールドとなる。
    ゴールドは富や名誉、幸福などを象徴するとされ、身につけるとこれらをもたらすと言われている。
    また、健康運などにも効果があるとされるほか、別のパワーストーンと一緒に身に着けると、その石のパワーを高める働きもするという。
    さらにピンクゴールドは愛を象徴するともされ、恋愛面に働きかけて恋のチャンスを逃さず、実らせてくれると言われている。

    ★3月29日の誕生日石:マーキスカットのダイヤモンド
    マーキスカットとは宝石のデザインの一種。
    楕円の両端を尖らせた舟形ないしラグビーボール状とし、さらに多面カットを施したもの。
    マーキースカットやマーキーズカットとも呼び、「公爵夫人・伯爵夫人」という意味をもつ。
    縦のラインが強調されるため、
    大きさの割りにスッキリとして見える特徴があさらにその形状から蝶の羽や花弁のデザインなどにも用いられる。
    ダイヤモンドは宝石の王様と呼ばれ、宝石の頂点として君臨している。
    パワーストーンとしても非常に強力で、心身とも全体のパワーを高め、
    自身の才能や魅力を高めて秘めた才能を発揮させ、目標達成へ強力なサポートをしてくれるという。

    ★3月30日の誕生日石:エンジェルスキンコーラル
    直訳すると「天使の肌(色)の珊瑚」。
    コーラル(珊瑚)のうち、赤ちゃんの肌のような淡いピンク色をしたものを指す呼称で、
    日本では「ぼけさんご(ボケ珊瑚)」とも呼ばれる。
    こういった色の珊瑚は大変少なく、ヨーロッパでは日本産が特に美しいとして有名。
    珊瑚(サンゴ)は鉱物ではなく、クラゲやイソギンチャクと同じ刺胞動物に属するサンゴ虫の集合体で、真珠などと同じく生体鉱物の一種。
    採取が容易であるため、古代から装飾品として利用された。
    仏教では七宝の一つとされ、3月の誕生石にもなっている。
    不幸や悪霊などから身を守り、幸運をもたらすとされる。
    また、女性ならではの母性や、家族・恋人への愛情や優しさを象徴するとされ、恋愛や結婚、子宝や出産のお守りとして愛されている。
    赤ちゃんや子供のお守りとしても人気が高い。珊瑚は非常に脆く、衝撃や薬品などに弱い。
    白色や灰色の珊瑚に染色を施したものもあるとされるなど、入手や利用の際は注意が必要である。

    ★3月31日の誕生日石:イエローオーソクレーズ
    オーソクレーズとはフェルドスパー(長石)の一種のこと。
    長石は成分によって多くの仲間をもつ長石グループを構成しており、
    オーソクレーズはカリウムとアルミニウムに富み、単斜晶系と呼ばれる結晶構造をもつもの。
    長石はこの他、成分や構造の異なるサニディン(玻璃長石)・マイクロクリン(微斜長石)・アルバイト(曹長石)・
    アノーサイト(灰長石)など多様な鉱物を仲間にもち、アマゾナイト・ラブラドライト・ムーンストーン・サンストーンなどの
    宝石も長石の一種として有名である。オーソクレーズは含まれる不純物によって発色に変化が見られ、
    透明から半透明で黄色のものをイエローオーソクレーズと呼ぶ。
    直感力を高めるとされ、勇気と自信を与えてくれると言われている。
    また、黄色の宝石は金運にも効果があるとされるため、この石にも金運アップ効果が期待できるとも言われている。

  • ビーズフレンド春号入荷!

    2015年03月03日17時54分

    ★1月28日の誕生日石:ピンクトパーズ
    トパーズといえば黄色が代表的であるが、これもまた多様なカラーバリエーションがある宝石。
    鉱物学的にみるとOHタイプとFタイプという2種類が存在しており、ピンクトパーズは希少なOHタイプに属する。
    屈折率が高く強い輝きをもつ特徴もある。
    知性や教養を高める働きがあるとされるほか、心身に活力を与えて自信がつくため、
    他人に頼らずに自立・独立をさせてくれる働きもあるという。
    なお、現在装飾品として流通しているピンクトパーズの大半は、OHタイプであるインペリアルトパーズを人工的に加熱処理したものだとされる。

    ★1月29日の誕生日石:クリスタルクォーツ(水晶)
    いわゆる水晶(ロッククリスタル)。不純物などによる多様な発色のバリエーションがあるほか、
    内部の状態や外観などでも様々な変種が存在するが、「水晶」といえば一般的には無色透明の石英結晶を指す。
    古くから神秘的な石とされ、世界中で儀式などに使用されてきたパワーストーンの元祖とも言える石。
    万能の効果を備えるとされ、あらゆる幸運を呼び寄せると言われている。
    また、強力な浄化作用をもつとされており、人間の心身をはじめ、空間の浄化や邪気を祓う力もあるという。
    集中力を高め、迷いを消し去り、潜在能力を引き出して生きる力を高めるとも。
    他のパワーストーンを浄化する働きもあり、石のパワーを増幅したり補完する効果があるとされる。
    様々なパワーストーンと組み合わせて身に着けたり、石の保管時に一緒にすると良いとされる。

    ★1月30日の誕生日石:パーティーカラードフローライト
    フローライト(蛍石)には様々な発色があるが、一つの結晶内に複数のカラーが混在することも多い。
    2色混在がバイカラー、3色がトリカラーと呼ばれ、3色以上含まれる多色結晶がパーティードフローライトと呼ばれる。
    なお、単にマルチカラーと呼称されることもある。
    フローライトは色によってヒーリング効果、集中力や感性の向上、頭脳の明晰化など様々な働きがあるとされるが、
    パーティーカラードフローライトはそれら様々な効果を含むとされる。
    多色が混在していることから人間関係などを円滑にする「調和」の効果があると言われている。
    なお、レインボーフローライトと呼ばれることも多い。

    ★1月31日の誕生日石:クリソベリル・アレキサンドライト・キャッツアイ
    長い名前だがクリソベリルという石の変種で、クリソベリルのうち、太陽光と白熱灯の下で色が変わって見える
    カラーチェンジの性質をもち、さらに光を当てると表面にキャッツアイ効果という。
    猫の細い瞳孔のような光条も見えるという、大変珍しいものを指す名称。
    アレキサンドライトの自身の魅力や才能を引き出し、自分らしさを貫く自立の力と、キャッツアイの邪悪を跳ね除ける
    魔除け効果の両方のパワーを備えるとされる。
    産出が非常に少なく、良質のものはダイヤモンドの価格を上回るほど。
    究極の宝石という異名をもつ石としても知られる。

    ★2月1日の誕生日石:ウレキサイト(ユーレックサイト)
    あまり耳にしない石だが、半透明〜不透明の白い結晶を文字の書いてある紙の上に乗せると、
    結晶が光ファイバーの働きをして下の文字が表面に浮かび出るように見える性質をもつ面白い鉱物。
    その性質からテレビ石とも呼ばれており、塩湖が干上がった場所でしか産出しないことで知られる。
    物事を内面から正しく見通し、真実を理解できるようになると言われている。
    身に着けると問題に直面した際にスムーズに原因を突き止め、解決できるよう導かれるという。
    さらに周囲の状況を正しく判断できるようになるため、人間関係を円滑にし、
    仕事などもスムーズに進められるようになるとされている。
    温水に溶けてしまうので、水分には十分注意が必要。

    ★2月2日の誕生日石:ドロップパール
    水滴型・洋梨型とも呼ばれるやや縦長の形状の真珠。海洋真珠でも淡水真珠でも意味や効果は
    同じとされている。真珠は母貝の内部に入った異物を無害化しようと、貝自身が分泌した
    炭酸カルシウムなどが付着してできたもの。生物が作る鉱物なので生体鉱物(バイオミネラル)と
    呼ばれる。真珠層の成分は貝殻と同じため、真珠層を持つアサリやシジミなども稀に真珠を
    生成する。真珠は貝の中で守られて成長することから強い守護のパワーをもつとされ、ストレスや
    邪気、不幸や災難から身を守ると言われている。さらに女性の美をや母性、内面の魅力を象徴
    するともされる。古代には人魚の涙と考えられていたため、その形状からドロップパールは
    いっそう神秘性が高いとも言われている。

    ★2月3日の誕生日石:ガーネット結晶
    ガーネットは含まれる成分が多様で、16種類もの仲間でガーネットグループを形成している。
    宝石として利用されるのはそのうち6種類。
    古代から神聖な宝石として扱われ、最も古い歴史のある宝石とも言われている。
    勝利や成功、権力、優雅や豊穣などを意味するとされ、強い生命力を象徴するとされる。
    活力をもたらすパワーストーンとされるため、心身を活発にして力強く前進し、
    新たな一歩を踏み出す力を与えてくれるとされる。
    結晶状態のものはさらに強い野生のパワーを備えているとされ、日頃元気が無い人にもエネルギーを補充し、活力をみなぎらせると言われている。

    ★2月4日の誕生日石:バイカラーアメシスト
    アメシストは水晶の変種。水晶の成分の一部を鉄やアルミニウムが置換することで紫色になったもの。
    アメシストに熱が加わることで黄色のシトリンに変化するため、アメシストの一部だけが別の色になっている場合もある。
    2色が混在しているものがバイカラーアメシスト。
    紫色のアメシストと無色の水晶、或いは黄色のシトリンや褐色のスモーキークォーツが混在していることが多く、
    パワーストーンとしての効果も、それらを兼ね備えているとされる。
    すなわちアメシストは高貴な石として魅力を引き出し、さらに酒に悪酔いしない効果、水晶は邪気を祓うお守り効果、
    シトリンは金運や商売繁盛など、スモーキークォーツは精神を安定させて潜在能力を引き出し、創造力や直感力を高める、
    などといった効果が組み合わされるという。
    単色のアメシストを人工的に加熱してバイカラーに改変しているものも多いが、天然と加熱処理石の判別は難しい。

    ★2月5日の誕生日石:アズライト(アジュライト)
    青色の鉱物で、科学的には酸化銅の一種。
    同じ酸化銅で緑色のマラカイトと共生していることも多い。
    アズライト単体では非常に脆いため、マラカイトと混じったアズロマラカイト
    (アズラマラカイト・アジュルマラカイト)として利用されることが一般的。
    心身を安定させて精神力・集中力・直感力などを高め、人生の選択などで正しい判断を下せると言われている。
    同時に頭脳をクリアにするため、勉強などの学習能力の向上にも役立つと言われている。
    青色の絵の具の顔料としても利用されるなど、古くから宝石として以外でも珍重された石である。

    ★2月6日の誕生日石:スターグレーサファイア
    サファイアはコランダムという鉱物のうち、赤色以外の宝石質結晶を指す名称。赤色はルビーである。
    サファイアには様々なカラーバリエーションがあるが、
    その中でも灰色で表面に六条の輝きを呈するスター効果を備えるものをスターグレーサファイアと呼ぶ。
    もちろんスター効果をもつサファイアは非常に希少なので大変珍重されている。
    美しい光条によって持ち主を憎悪や邪悪な気から守るとされ、さらにパートナーの浮気を防止して貞節を守る効果があると言われている。
    直感力や洞察力を高め、知性や芸術性をも向上させる働きもあるとされる。

    ★2月7日の誕生日石:カンゴーム(黒水晶)
    文字通り黒色の水晶。放射線によって結晶構造が変化して発色している。
    スモーキークォーツと原理は同一だが、カンゴームはより一層濃い黒色のものを指す。
    類似にモリオン(モーリオン)と呼ばれるものもあり、カンゴームは黒色の中にやや褐色が含まれるもの、
    モリオンはカンゴームより黒が濃いものとされるが、両者を区別する厳密な基準は無いので混同されていることが多い。
    持ち主の潜在能力を引き出し、低下した運気を良い方向に転換してくれると言われる。
    悪いものから身を守るお守りの効果もあるとされる。天然の黒水晶は自然界の放射線によって黒褐色に変化したものだが
    水晶に人工的に放射線を照射し、スモーキークォーツ・カンゴーム・モリオンに改変したものも多い。
    一般的には天然/処理石の判別は困難であり、現在は処理石が流通の大半を占めているとされる。

    ★2月8日の誕生日石:ルチルレイテッドクォーツ(ルチルクォーツ・針入り水晶)
    水晶の中にルチル(金紅石)の針状結晶が含まれたもの。特に黄金色の針状結晶が入ったものが有名。
    中のルチルは「キューピッドの矢」「ヴィーナスの髪」などと呼ばれており、身に着けると恋や愛を運んで来てくれると言われている。
    また、美しい金色のルチル結晶は富の象徴でもあるため、金運や仕事運を向上させると言われており、タイガーアイなどと同様に人気が高い。
    さらに周囲の邪悪な気を祓う魔除け効果も備えるという。また、ルチルの含まれ方によって呼び名を分けることもあり、
    細く繊細な結晶が含まれたものはヴィーナスヘアールチル、太い金色の結晶が入ったものはタイチンルチル、
    中央のヘマタイトから放射状に太いルチル結晶が伸びたものは太陽ルチルなどとも呼ばれている。
    ただし厳密な区分はないため、購入の際は注意が必要である。

    ★2月9日の誕生日石:レッドジャスパー
    ジャスパーとは石英の微小な結晶が集合したもので、不純物が20%以上混じっているために不透明となったもの。
    同じ構造で不純物が少なく半透明であればカルセドニーとなる。
    ジャスパーは多様な不純物が含まれるため、様々な発色や模様が楽しめる石として知られる。
    価格も安いため手頃な装飾用素材やコレクターにも人気。
    レッドジャスパーは酸化鉄を多く含んだ赤褐色のもので、あらゆる災難から身を守るほか、
    不安やネガティブな感情を取り払い、生命力や体力、持久力を高めて健康をもたらすと言われている。
    また、良くない人間関係や腐れ縁など、悪影響を与える関係を断ち切る働きもあるとされる。
    勇気と自信をもたらして不安を取り除き、行動力を高めてくれるとも言われている。

    ★2月10日の誕生日石:レッドタイガーアイ
    タイガーアイはクロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで固化した混合石。
    酸化が進んで金褐色となったものが一般的なタイガーアイ、酸化する前の青灰色のものはホークスアイ、
    地熱や人工的な加熱処理で鉄分の酸化が進み赤褐色になったものがレッドタイガーアイである。
    表面を磨くと光の反射で虎の目のように見えることから名づけられた。
    古代から聖なる石として崇められ、邪悪なものを跳ね除けて幸運を招くと言われている。
    また、物事の本質を見抜いて積極性ややる気・情熱を高め、新しいチャレンジをや仕事を成功に導くとも。
    タイガーアイのもつ金運アップの効果も備えると言われている。
    現在装飾用に流通しているレッドタイガーアイは、その殆どが人工的に加熱処理を施したものである。

    ★2月11日の誕生日石:ウォーターウォーン(さざれ石・細石)
    さざれ石とは細かい石のこと。
    一般的には原石・岩石が水流によって磨耗し、全体的に丸みを帯びた小片を指す。
    本日は石の種類は問わず、あらゆる鉱物の細石が含まれるが、
    アクセサリー用途としては水晶やアメシストなどのさざれ石が利用されることが多い。
    天然石は小片でも秘めたパワーは同一とされるため、石の種類によってその効果が決定される。
    また、さざれ石は表面がつるつるに磨かれているため、悪い気を反射する魔除け効果があるとされるほか、
    体内の老廃物を排出するデトックスの働きもあるという。
    ただしアクセサリー用さざれ石は人工的に研磨したものである。
    また、学術的には小石と小石の間に石灰質(炭酸カルシウム)などが入って凝結し、
    多数の小石が集合してコンクリートのような塊状の石灰質角礫岩もさざれ石と呼ばれる。
    日本国家の歌詞にある「細石」は、単独の小さな石ではなくこの礫岩を指す。

    ★2月12日の誕生日石:イエロースピネル
    黄色が強いスピネル。スピネルは和名を尖晶石といい、文字通り結晶が尖った形をしている特長がある。
    スピネルには様々なカラーバリエーションがあるが、
    産地が同じで同様に多様な発色があるルビーやサファイアと混同され続けてきた。
    英国王室の王冠に飾られる「黒太子のルビー」が、実はスピネルだった話はあまりにも有名。
    古くから病気の治癒や免疫力を高めるパワーをもつとされたほか、新しい環境下などでも常に新たなエネルギーを生み出し、
    新しい思考やリーダーシップをもたらしてくれると言われている。
    なお、黄色の発色原因と考えられる鉄分は、スピネルの場合青色の発色原因になるとされるため、
    科学的には黄色の強いオレンジ色のスピネルまでは存在しても、黄色のみのスピネルは存在しないとも言われている。

    ★2月13日の誕生日石:バイカラーフローライト
    フローライト(蛍石)には様々な発色があるが、一つの結晶内に複数のカラーが層状に混在するものも多い。
    そのうち2色が混在しているものがバイカラーフローライトと呼ばれ、
    3色混在のものはトリカラーやパーティーカラード、レインボー、マルチカラーなどと呼ばれる。
    フローライトはストレスを解消して心身を癒すヒーリング効果や、頭脳を活性化して明晰にし、
    思考力や集中力、記憶力や判断力、さらに冷静さを高める働きがあるとされる。
    そのため「知識の石」との別名もある。
    月の光のパワーを宿し、女性の肌を美しくする効果も備えると言われているほか、
    2色が混在している様子から、人間関係や二面性の調和を意味するともされる。

    ★2月14日の誕生日石:ピンクオパール
    オパールのうち、遊色効果のないコモンオパールにあるピンク色のオパールを指す名称。
    実際にはオパールではなくパリゴルスカイトという鉱物であることも多いが、
    長く混同されてきた歴史的経緯から、現在でもアクセサリー用途として扱う際はピンクオパールという名称で流通している。
    キューピットストーン、つまり愛の宝石として古くから知られ、愛情と魅力を高めるパワーがあるとされる。
    新しい出会いや恋愛のサポート、さらに幸福な結婚などをもたらすと言われる。
    また、内面の想いを高める働きがあるとされ、内気や引っ込み思案などを解消して心を開放する働きもあるという。
    芸術的センスや創造力を高める効果も備えると言われている。

    ★2月15日の誕生日石:ピンクジルコン
    ジルコニアとよく似た名称なのでしばしば混同されるが、ジルコンはれっきとした天然鉱物。
    美しいものは宝石としても利用され、カラーバリエーションが豊富なことでも知られる。
    ジルコンは出産のお守りとして古くから利用されており、特に出産の苦しみを和らげる力があると言われている。
    さらにピンクジルコンはその色から愛の石としての効果もあり、
    恋愛面に働きかけて過去の恋愛のトラウマを解消するパワーも備えるという。
    現在流通しているピンクジルコンは、ほとんどが加熱処理を施されたものと言われている。
    また、ダイヤモンドの模造石の代表であるキュービックジルコニアは、人間が作った人工石。
    ジルコンには紙に線を書いて石を透かして見ると二重に見えるダブリング(二重像現象)の性質がある(複屈折)ため、
    それが無いジルコニア(単屈折)との見分けは容易である。

    ★2月16日の誕生日石:オレンジトルマリン
    トルマリン(電気石)のオレンジ色のもの。
    トルマリンもカラーバリエーションが豊富な石だが、鮮やかなオレンジ色は比較的少ない。
    褐色トルマリンであるドラバイトの色の薄いものをオレンジトルマリンとする業者もいるので注意が必要。
    オレンジ色は太陽を象徴するとされ、心身に活力を与えて元気になると言われている。
    さらに気持ちをポジティブにし、プラス思考をもたらすとも。
    全ての色のトルマリンには、心身の浄化や調和、集中力や判断力を高める働きが備わるとされるため、オレンジトルマリンにもその効果が期待できる。
    さらにトルマリンには美容効果やアンチエイジング効果もあるとされ、身に着けると若々しさを保てると言われている。

    ★2月17日の誕生日石:タイガーアイアン
    タイガーアイはクロシドライト(青石綿)にクォーツ(石英)が染み込んで固化、および酸化したものだが、
    さらにヘマタイト(赤鉄鉱)とジャスパー(碧玉)が混じったものがタイガーアイアンと呼ばれる。
    外観は金色のタイガーアイと黒鉄色のヘマタイト、さらに赤色のジャスパーなどが交じり合った賑やかな模様を呈している。
    タイガーアイに鉄分が多く含まれたもの、とも言われているが、タイガーアイと区別する厳密な基準はない。
    タイガーアイのもつ金運や仕事運向上の効果に、鉄分の力強い守護の効果が加わったものとされる。
    邪悪から身を守り、地に足をつけたしっかりした考えを持ち、さらに心身に活力を与えて強い生命力をもたらすと言われている。

    ★2月18日の誕生日石:オレンジトパーズ
    トパーズは多様なカラーバリエーションがある宝石の一つ。
    無色から黄色〜黄金色のものが知られるが、ブルーやピンクなどもある。
    オレンジトパーズは黄色っぽいものから濃いものまで含まれる。
    トパーズは頭脳の回転を早くし、知性を高めて緊張をほぐすとされる。
    さらに創造力や感受性なども高め、ひらめき・インスピレーションをもたらすとされる。
    また、幸福や希望、愛情を高める働きもあるとも。
    オレンジトパーズは別名インペリアルトパーズとされる場合もあるが、
    宝石業界ではインペリアルトパーズはブラジルで産出するシェリーカラーと呼ばれる独特の黄金色〜黄色であるとされるため、
    オレンジトパーズと同一ではないと言われている。

    ★2月19日の誕生日石:ウォータードロップクォーツ(水入り水晶)
    水晶の中に水や気泡が閉じ込められているもの。結晶を動かすと気泡が移動する様子が見えるものもある。
    水晶結晶が成長する途中で地下水が含まれたものだが、水も水晶も透明であるため一見しただけでは気がつかない場合も多く、
    気泡などが混じって動くことで初めて気がつく…ということもある。
    なお、含まれた水や空気は結晶が生成された数十万〜数億年前のものとされるため、
    そういった意味でも貴重と言える。パワーストーンとしての効果は、
    水分が含まれていることから瑞々しい肌を保つ美容効果であるとされる。
    また、外面だけでなく、内面の気持ちも若返らせてくれるとも。
    集中力を高め夢を実現させる働きもあると言われている。

    ★2月20日の誕生日石:オニキス(白・茶の縞模様)
    オニキスはアゲート(瑪瑙)の一種で、縞模様が直線的なもの。縞模様が無いものはカルセドニー。
    オニキスと言うと黒色を想像するが、あくまで「直線的な縞模様の瑪瑙」がオニキスなので、
    本日のように黒ではない縞模様も存在する。鉱物の成分は水晶と同じ石英。
    水晶は石英の単結晶が大きく成長したものだが、オニキスやカルセドニーは微小な石英結晶が集合したものなので、
    他の鉱物などと一緒になることで縞模様や半透明などになる。
    オニキスは古くから邪気を祓う魔除けの石とされるほか、身に着けると心を落ち着かせ、
    集中力を高めたり理性的になれると言われている。
    また、内面の不安や憂鬱、絶望感なども消し去り、自信をもたらすとも言われる。

    ★2月21日の誕生日石:ホーン(角)
    人類は有史以前より動物の歯や骨、角などを装飾品として身に着けてきた。
    本日の誕生日石は角。頭部にある硬く突き出た箇所で、哺乳類では骨が変化したものが多い。
    従って主成分は骨と同じカルシウム。
    鋭い牙をもたない装飾動物などが、身を守るために発達した例が多いとされる。
    装飾品の角は強さや逞しさを象徴しているとされ、邪悪なものを寄せ付けないパワーがあると言われている。
    また幸運を引き寄せるほか、金運アップや豊穣の意味ももつ。
    さらに妊娠や出産のお守りとしても用いられるという。

    ★2月22日の誕生日石:クォーツキャッツアイ
    クォーツは石英のこと。無色透明の石英結晶がロッククリスタル、いわゆる水晶である。
    クォーツキャッツアイは、石英結晶の中に不純物として繊維状・チューブ状の結晶が含まれ、
    それに沿って研磨することで、表面に猫の瞳孔のような光の線が現れたものを指す。
    この現象はキャッツアイ効果(シャトヤンシー)と呼ばれ、他の様々な鉱物でも見られる。
    光を当てる角度を変えると光条が動いて瞳のように見えるため、近づく邪悪に睨みを利かせて魔を祓う魔除けのパワーがあると言われている。
    また、思考をクリアにして新しい視点で物事を考えられたり、集中力を高めて冷静な判断ができるようになるとも。
    グレータイガーアイの別名もある。

    ★2月23日の誕生日石:ルビー
    ルビーは赤色の宝石質コランダムを指す名称。他の色の宝石室コランダムはサファイアである。
    ダイヤモンドに次ぐ硬度をもつ鉱物で、パワーストーンとしての効果も邪悪なものを遠ざけ、
    健康や幸運、勝利や情熱をもたらすパワフルな石とされている。
    また、ルビーはその赤色から情熱の石とされており、恋愛に高い効果があるとされる。
    情熱的な恋や深い愛情をもたらし、持ち主に備わる隠れた魅力を引き出す働きもあると言われている。

    ★2月24日の誕生日石:ホワイトパール
    白色が強い真珠のこと。海水真珠も淡水真珠も発色は多様であり、
    白色のほか金・銀・赤(ピンク)・クリーム・黒・青・緑などがあり、
    さらに中間のカラー(ホワイトシルバー・ブルーブラックなど)も存在する。
    真珠は貝の中で守られて成長することから、強い守護のパワーをもつとされる。
    古代から邪気や不幸、災難などから身を守るお守りとして利用された。
    また、女性の美をや母性を象徴するともされ、女性が身に着けると美しさや優しさ、
    母なる愛情や内面の魅力など、より一層魅力を引き出すと言われている。
    恋愛運にも効果があるとされるほか、創造力や芸術性などクリエイティブな能力も高める働きもあるとされ、
    高い神秘性を備えると言われている。
    パワーストーンとしての効果は、海水真珠も淡水真珠も同じであるとされる。

    ★2月25日の誕生日石:ファントムアメシスト
    アメシストは石英(クォーツ)に不純物として微量の鉄分が含まれ、紫色に発色したもの。
    ファントムは「幻影」の意味で、結晶の成長が断続的く繰り返された際に内部に成長時の境界線(層)が生じ、
    山のように幾重にも重なった状態を指す通称。特に水晶が有名だが、
    水晶の一種であるアメシストにもしばしばファントムが見られる。
    濃淡の層や色が異なる層が重なるなど、ファントムのバリエーションも様々であり、見ていて飽きない。
    持ち主の魅力や才能を引き出し、良縁や新しい恋愛を呼び寄せると言われている。
    また、恋や物事などに諦めず挑戦し続ける勇気や強い心をもたらすとされる。

    ★2月26日の誕生日石:イーグルストーン(イーグルクォーツ)
    鷲や鷹の巣から見つかると伝えられる水晶。
    大きさはクルミの実から人間の頭ほどのサイズといわれており、内部が空洞のジオード(晶洞)になっているとされる。
    アメリカの原住民であるネイティブアメリカンは、鷲や鷹が産卵をしやすくするためにこの石を巣に運んでくると信じられていたという。
    また、この石がある巣は卵を食べる天敵のヘビが寄ってこないとも言われていた。
    これらのことから、女性が身に着けて出産の痛みを和らげる安産のお守りとして用いられてきたり、毒ヘビ避けとしても使われたと言われている。
    なお、これらはあくまで伝承にすぎず、
    宝石として流通しているものが本当に鷲や鷹の巣から採取されているかどうかは判断する術は無い。

    ★2月27日の誕生日石:アメトリン
    アメシストの紫色とシトリンの黄色が一つの結晶内に含まれているものが、俗にアメトリンと呼ばれる。
    もちろん正式な宝石名ではなく、他の石と区別するための呼称。
    水晶を構成する珪素が僅かに鉄イオンに置換することで紫色のアメシストになり、
    さらにそれが加熱されることで黄色のシトリンに変化するが、アメトリンは結晶内の一部のみ色が変化したもの。
    アメシストの一部を人工的に加熱し、アメトリンに改変することも非常に多い
    (アクセサリーとして流通しているシトリンの大半は、アメシストに加熱処理を施した加熱シトリンである)。
    アメシストは魔除け、シトリンは幸運を引き寄せると言われており、
    アメトリンは両方の効果を備えるという。
    また、持ち主の隠れた才能や魅力を引き出し、精神的・肉体的なバランスをとるとも。
    心身のヒーリング効果も備わると言われている。

    ★2月28日の誕生日石:コーラル(珊瑚)
    珊瑚(サンゴ)は鉱物ではなく、クラゲやイソギンチャクと同じ刺胞動物に属するサンゴ虫の集合体。
    骨格が固いイソギンチャク、と考えるとわかりやすいかもしれない。真珠などと同じ生体鉱物の一種。
    古くから宝石として利用されており、仏教では七宝の一つに数えられ、さらに船旅のお守りや3月の誕生石としても人気が高い。
    白・赤・ピンクなどがあり、災いやケガから身を守る、富や幸運をもたらす、子供のお守り、恋愛や妊娠・出産のお守りなどと
    珍重されてきた。人間関係を円滑にし、ストレスを和らげる効果もあるとも。
    骨格が固い本珊瑚はもちろん、硬度が低く安価なスポンジ珊瑚もパワーストーンとしての効果は同一とされる。
    また、寄生虫によって穴が開いた虫食い珊瑚も含まれる。ただし樹脂によって固められたり、硬度を高めたものもあるので注意が必要である。

    ★2月29日の誕生日石:パラサイト(ペリドット入り石鉄隕石)
    石鉄隕石にペリドット(かんらん石)が含まれたもの。
    石鉄隕石は鉄とニッケルの合金と珪酸塩鉱物から成る隕石。
    ペリドットはかんらん石(オリビン)の宝石質結晶のこと。
    石鉄隕石自体が大変希少だが、そのうちかんらん石が混じっているものがパラサイトと呼ばれている。
    含まれるかんらん石が宝石質でなくても「ペリドットが混じった隕石」として大変珍重され、
    原石を研磨して緑色と金属色のコントラストを愛でる向きもある。
    宇宙から飛来した石なので、宇宙的な神秘のパワーを秘めているとされるほか、ペリドットならではの太陽の力、
    つまり暗闇を明るく照らし迷いや不安を晴らすパワーを備えるとされる。
    ちなみにペリドットは火星でも発見されており、地球外に存在が確認された最初の宝石となっている。
    また、隕石由来で同じ緑色の宝石にモルダバイトがあるが、こちらはパラサイトとは全く関係がない。

    ★3月1日の誕生日石:フローライト原石
    和名は蛍石(けいせき)。稀に紫外線を当てると蛍光するものがあるため名づけられた。
    ストレスを解消して心身を癒すヒーリング効果や、頭脳を活性化して明晰にし、
    思考力や集中力、記憶力や判断力、さらに冷静さを高める働きがあるとされ、「知識の石」との別名もある。
    仕事や勉強の際に身に着けると能率が上がり、不安などを消し去ってくれるといわれている。
    原石はこれらのパワーがより一層強く備わるとされる。

    ★3月2日の誕生日石:シェルオパール
    古代の貝殻の化石がオパール化したもの。別名オパライズドシェル。二枚貝のほか巻貝でも
    オパール化したものがある。地中に埋まった貝が数百万年間で成分が置換し、含水鉱物の
    オパールに変化したもので、世界でも安定陸塊であるオーストラリアのごく一部の地域
    でしか産出しない。シェル(貝)とオパールという、全く異なったものが一つになったもの
    であるため、意中の人と仲良くなれたり、結婚相手との運命的な出会いをもたらすなど、
    恋愛や良縁を結ぶパワーを備えるとされる。なお、通常のオパールを貝の形に削った
    フェイクもあるといわれるため、注意が必要である。

  • 作家作品が入荷しました!

    2015年01月26日17時44分

    ★1月7日の誕生日石:アンモライト
    1981年に正式に認定された新しい宝石で、アンモナイトの化石の成分がアラゴナイト
    (霰石)やカルサイト(方解石)、パイライト(黄鉄鉱)などに置換・変質した鉱物を呼ぶ。
    光の干渉によってオパールのような美しい虹色の遊色効果が現れ、
    さらに「竜の皮」と呼ばれる特徴的なひび割れが発生することもある。
    太古の生物の化石がもとであるため、長寿・健康・太古のパワーなど総合的な運気を高めるとされる。
    また、芸術面の才能や、隠れた魅力などを引き出す働きもあるという。
    日光で退色したり、脆く割れやすい性質があるため、で取り扱いには注意が必要とされる。

    ★1月8日の誕生日石:ベルデライト(クロムトルマリン)
    トルマリン(電気石)は多様なカラーが楽しめる石であり、
    無色から黒色まで全てのカラーが存在し、緑色のトルマリンは別名ベルデライトと呼ばれている。
    トルマリンは心身の浄化や調和、精神安定や冷静な判断力など集中力を高める効果があるとされるが、
    ベルデライトは特にヒーリング効果や健康運アップに優れるとされる。
    トルマリン全般には美容効果があると言われ、
    優れたアンチエイジングパワーで美肌効果など若々しさを保つ働きがあるという。
    もちろんベルデライトにもそのパワーは含まれている。

    ★1月9日の誕生日石:グロッシュラーライトガーネット
    ガーネットは含まれる成分が多様で、鉱物としては実に16種類ものグループを構成している。
    宝石として利用されるのはそのうち6種類。
    グロッシュラーライトガーネットはカルシウムとアルミニウムを含んだもので、
    無色から緑色が中心とされ、鮮やかな緑色のツァボライトはグロッシュラーライトガーネットの代表である。
    なお、オレンジ色のヘソナイトやピンク色のロゼライトなどもグロッシュラーの一種。
    ガーネットは権力や勝利、優雅の象徴とされ、古代から神聖視されている。
    強い生命力や情熱、実りや豊潤を意味するとされ、身に付けると活力や勇気を得られるという。
    グロッシュラーは積極性や実行力などに特に効果があるとも。

    ★1月10日の誕生日石:ゴールド(金)
    古くから富の象徴とされた鉱物で、パワーストーンとしての効果もズバリ金運である。
    純粋な金は非常に柔らかく加工が容易なため、加工技術が未発達だった時代から装飾品として利用されてきた。
    ただし純金は柔らかすぎるため、通常は銀・銅・プラチナ・ニッケル・亜鉛など、さまざまな金属と混ぜて硬度を調整して利用される。
    合金にすることで見た目の色合いも変化するため、ホワイトゴールド・ピンクゴールドなどという別名も存在する。
    ゴールドは金運のほか健康運にも効果があるとされるほか、
    さらに別のパワーストーンと一緒に身に着けると、その石の効果を高める働きもするという。

    ★1月11日の誕生日石:ヘマタイト原石
    和名は赤鉄鉱(せきてっこう)。
    真っ黒な外観の石に「赤」とは不思議だが、ヘマタイトは鉄が主成分の鉄鉱石の一種なので、
    粉末や破砕断面が酸化して赤色になる特徴がある。
    そのためギリシャ語の「血」を意味する語から名づけられた。
    古くには出血の際の血止めや貧血の治療に使われたり、血液を綺麗にして血流を良くしてくれると考えられた。
    また、身体へ活力を与えたり、頭の回転を良くする、集中力を高める。
    自信をつけて願望実現へのパワーを与えてくれるなどとされる。
    原石はこれらの効果がより一層強いと言われている。

    ★1月12日の誕生日石:ゴールドストーン
    ストーンと名が付いているが正体はガラス。
    褐色のガラスの中に銅の粉末を混入させた人工物であり、天然の鉱物ではない。
    サンドストーン(茶金石)と呼ばれることも。同様のものに青色のブルーゴールドストーンなどがある。
    ガラス製造時に誤って銅片を混ぜてしまったところ、細かな銅片が含まれたキラキラと美しいガラスが誕生したといわれている。
    人工石であるがパワーストーンとしての効果を備えるとされ、人や物との運命的な出会いをもたらし、
    仕事でのチャンスなどを得られるとされる。
    精神を安定させて気持ちを前向きにし、努力を実らせる効果もあるという。

    ★1月13日の誕生日石:ロードナイト原石
    和名は薔薇輝石(ばらきせき)。
    ギリシャ語でバラを意味する語が由来で、その名の通り赤色から暗ピンク色の石だが、正確には輝石の仲間ではない。
    愛情や友情を意味するとされており、心を開いて様々なものを愛情豊かに包み込むようになると言われている。
    愛にあふれた良好な人間関係を築き、精神的に強くなれると言われており、心身のバランスも良好にするとされる。
    恋人や夫婦の愛情を良好にするほか、失恋の心の傷も癒すパワーもあるとも。
    原石はこれらのパワーがより一層強く発揮されると言われている。

    ★1月14日の誕生日石:ライスパール
    パール(真珠)はその形状から様々な名称で区別されるが、ライスパールは文字通り米粒のような小粒で細長い形状をしているものを指す。
    大粒で美しい円形の養殖真珠が流通する前、天然真珠はこのような小粒のものが多かった。
    米粒の形をしているので豊かな生活などの豊穣を表すとされ、健康や富をもたらすと言われている。
    真珠は貝の中で守られて成長することから、強い守護のパワーをもつとされる。
    ストレスや邪気、不幸や災難から身を守るお守りとしても利用された。
    また、女性の美をや母性を象徴する宝石ともされており、特に女性が身に着けるとより一層の魅力を引き出すと言われている。

    ★1月15日の誕生日石:インドスタールビー
    コランダムという鉱物のうち、不純物によって赤色を発色した宝石質のものがルビーであるが、
    稀に含まれるインクルージョン(内包物)によって光を当てると石の表面に白い光条が交差するスター効果をもつ結晶が産出する。
    まるで星の輝きのようであることからスター効果と呼ばれ、特に地色が暗い赤色でスター効果がはっきりと美しく見えるインド産のものは、
    産地の名からインドスタールビーと呼ばれている。
    ルビーは古くから勝利の石とされ、災いから身を守り、勝利へ導くパワーを備えると言われている。
    また、健康・富・仕事の成功・愛情・幸運などをもたらすとされるなど、様々な方面に働きかけるパワーストーンとされている。
    なお、スタールビーはインド以外でも産出するため,
    暗い赤色でスターがあるものが全てインドスタールビーというわけではない。
    現在では他の産地のほうが価格が高い場合も多い。

    ★1月16日の誕生日石:ブルームーンストーン
    ムーンストーンのうち、シラーが淡い青色に見えるものを指す。
    ただし正式な名称ではなく、はっきりした基準も存在しない。
    従って同じブルームーンストーンと称して販売されている石でも、品質にはだいぶ差があることに注意が必要。
    ムーンストーンは長石(フェルドスパー)という鉱物グループの一種で、
    サンストーンやラブラドライトも同じ長石グループに属している。
    ムーンストーンは月の光で夜道を照らし、旅人を正しい方向に導くとされることから、
    悩みを解消して目標へ進むパワーを与えてくれるという。
    また、その独特の柔らかな輝きから心身をリラックスさせるヒーリング効果をもつとされるほか、
    恋愛面にも強く働きかける、災難から身を守るなどのパワーを備えているとも言われている。

    ★1月17日の誕生日石:不透明琥珀(ミルキーアンバー)
    琥珀は古代の松や杉などの樹木から流れ出た樹脂が地中で化石化したもの。
    他の宝石と異なり有機物である。
    不透明琥珀は黄色〜クリーム色のものが多く、その色合いから金運に効果が高いとされる。
    また、琥珀はこすると静電気を帯びる特徴があるため、良い気をひきつけ、悪い気から守ると言われている。
    さらに他の人からの人気をも得られるようになるとも。
    なお不透明な琥珀を加熱すると透明感が出てくるため、加熱処理を施す素材にされることも多い。
    似たものに熱帯の樹木の樹液が変質したコパールがあるが、コパールは琥珀に変化するほど年数を経ておらず、
    琥珀に比較して比重が軽く柔らかいなど相違点が多い。

    ★1月18日の誕生日石:ローゼライト(ピンク[グロッシュラーライト]ガーネット)
    メキシコ産のピンク色をしたグロッシュラーライトガーネットの別名。その色合いからラズベリーガーネットと呼ばれることも。
    女性を象徴しているとされ、健康的で若々しい美しさを保つアンチエイジング効果など、主に美容面に働きかけると言われている。
    健康面に働きかけることから、免疫力を高める、身体に活力を与えるなどのパワーも備えているとも。
    女性的な愛情や恋愛にも効果があるとされている。
    似た名前の石にローゼナイトがあるが、こちらは成分も全く異なる別の鉱物である。

    ★1月19日の誕生日石:ビキシバイト(ビクスバイト・レッドベリル)
    レッドベリルの別名。ベリルも多彩なカラーの宝石であり、水色のアクアマリン、緑色の
    エメラルド、黄色のヘリオドール、ピンク色のモルガナイトなどが知られるが、赤色の
    ビクスバイトは非常に希産であり、1ct(0.2g)を超える大きさの結晶が殆ど発見されなかった。
    あまりに希産のため採算が合わず、現在は鉱山が閉山して採掘されていない。そのため宝飾品
    ではなく、原石のままコレクターズアイテムとして流通していることが多い。情熱の石とされ、
    恋愛に効果があるとされる。また、身体に活力を与える、積極的に行動できるようになるとも。
    自分の性格の欠点を認識させ、改善点を示してくれるとも言われている。

    ★1月20日の誕生日石:スノーフレークオブシディアン
    オブシディアンとは、火山が噴火した際に溶出した溶岩が、水中に没して急速に冷却されたもの。
    和名は黒曜石。溶けた岩石が結晶化せずに凝固したものなので、鉱物的な構造はガラスと同一。
    割ると断面が非常に鋭くなる性質があり、石器時代には石器の素材として広く利用された。
    不純物が多いために黒色や緑色、紫色のものが多いが、天然ガラスなので磨くと透明感も備わる。
    スノーフレークオブシディアンは、白や灰色の斑点状の不純物が混じり、雪片のように見えるもの。
    神の石として崇められ、魔よけとして利用された。
    また、未来を見通す力があるとされ、不安などネガティブな気持ちを取り除き、
    強い気持ちや集中力などをもたらすと言われている。

    ★1月21日の誕生日石:ピーコックカラーオパール
    ピーコックとは孔雀のこと。
    オパールに緑・紫・赤・青・オレンジなど、孔雀の羽のような鮮やかな色彩の遊色効果を含むものを指す。
    ただし他と区別するための厳密な基準はない。
    遊色効果をもつプレシャスオパールの中でも人気が高いものの一つ。
    隠れていた才能を引き出し、感性を高めて芸術性を向上させるという。
    また、不老長寿や希望の象徴、幸福を呼び寄せる、恋愛運を高めるなどの効果もあると言われている。
    さらにオパールは含水鉱物のため、肌の瑞々しさを保つアンチエイジング効果も備えているとされる。

    ★1月22日の誕生日石:スターベリル
    ベリルにスター効果(アステリズム)が含まれるもの。
    スター効果は針状の不純物結晶が複数の方向に平行に並列している場合に見られる現象で、
    光を当てると宝石の表面に2〜3条の直線が交差し、まるで星が輝やいているように見える特殊効果のこと。
    ベリルは多様なカラーバリエーションがあり、パワーストーンとしての効果も発色によって異なるとされるが、
    総じて心身のストレスの解消や、無用な不安や恐怖を取り除く、精神を落ち着かせるなどの効果があると言われる。
    また、リーダーシップを高める力もあるとされる。
    アクアマリンやエメラルド、モルガナイトなどもベリルの一種であるため、それらにスター効果が現れたものもスターベリルと呼べる。

    ★1月23日の誕生日石:アレキタイプガーネット
    別名カラーチェンジガーネット。
    光源によって宝石の色が変化して見える有名なアレキサンドライトという宝石にちなみ、
    同様にカラーチェンジする宝石のことを「アレキタイプ〜」や「アレキサンドライト×××」などと呼ぶようになった。
    太陽光(自然光)では緑色に、白熱灯などの人工灯では赤色に見えるガーネットで、
    もちろんガーネットの中では非常に希少。原因は微量の不純成分を含むこととされる。
    その変色する特徴から、「変化」を意味するとされ、人生の転機やステップアップなどの場面転換のの際に
    力強いサポートをしてくれると言われている。
    また、隠れた才能を引き出してくれるとも。仕事や恋愛など様々な面で力を発揮してくれると言われている。

    ★1月24日の誕生日石:ミルキークォーツ
    文字通り乳白色をした水晶(クォーツ)。
    乳白色の原因は、細かな気泡やアルミニウムなどの不純物(インクルージョン)が含まれるためとされる。
    ミルクのような柔らかい色合いのため、母性愛の象徴とされている。
    身につけると母の愛のごとく優しい気持ちになり、心が豊かになって自身と周囲の人々を愛情で包み込むと言われる。
    また、子供を事故や災難から守るお守りの効果もあるとされる。
    さらに体内の不要なものを排出し、健康を保つ働きもすると言われている。
    ムーンクォーツ、スノークォーツなどの別名でも呼ばれるほか、
    マダガスカルで産出するオパールに似た遊色効果をもつものは、ジラソルと呼ばれて珍重されている。

    ★1月25日の誕生日石:サードオニキス(サードニクス)
    赤褐色のオニキスをサードオニキス(サードニクス)と呼ぶ。
    オニキスはアゲート(瑪瑙)の一種で、縞模様が直線的なものを指す。
    そもそもアゲートとは、微小な石英結晶の集合体で縞模様があるもの。
    縞模様が無いものはカルセドニーとなり、これらは全て潜晶質石英の仲間。
    逆に言えば、赤褐色のカルセドニーに直線的な縞模様が入ったものと言える。
    赤色は酸化鉄によるもの。愛情を高める働きがあるとされ、恋愛運や結婚運を高めると言われている。
    また、夫婦に和合をもたらし、夫婦円満・幸せな結婚のお守りになるとされる。
    家族を深い愛と絆で結びつけるとされるほか、家に置いておくと家族を病気から守るとも言われている。

    ★1月26日の誕生日石:パイロープガーネット
    ガーネット(石榴石)は成分の違いで多くの種類があるが、
    マグネシウムとアルミニウムを含んだ宝石質結晶をパイロープガーネットと呼ぶ。
    燃える炎のような赤色から熱い情熱を意味するとし、燃えるような情熱的な恋愛をもたらすと言われている。
    なお、ガーネット全般は古来より勝利・権力・優雅の象徴とされ、困難を乗り越えて前進する力を与えてくれるとされる。
    さらに免疫力を高めて身体の活力を高めたり、魔よけのお守りとしても身につけたれたという。
    赤色のガーネットにはアルマンダインガーネットもあり、色合いも良く似ている。
    両者は混同しているものが多く、成分分析をしないと正確な判別は不可能。
    宝石としての価値は両者同程度のため、一般的には混同した状態のまま流通していると言われている。

    ★1月27日の誕生日石:アルマンダインガーネット(アルマンディンガーネット)
    ガーネット(柘榴石)は、鉱物学的に言えば様々な成分構成からなる複数の鉱物の総称。
    宝石として利用されないものも含めると、実に14種類にもなるという。
    アルマンダインガーネットは鉄とアルミニウムを含んだ赤色〜赤紫色の結晶で、
    成分が異なるパイロープガーネットと併せて宝石のガーネットでは最も流通量が多い。
    ガーネットは勝利や成功、権力などを象徴し、強い生命力や情熱、
    実りや豊潤なども意味するとされ、エネルギッシュなパワーストーンとして知られている。
    心身を活発にし、力強く前進するエネルギーを与えるという。




■おすすめカテゴリー












お支払い方法

● 銀行振込み (ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行)

● 代金引換

● カード払い (会員様のみ)

● 委託ポイント払い (委託会員様のみ)

代引き手数料

324円(税込)

発送方法と送料

● ゆうパケット(補償なし/日本郵便) ・・・ 全国一律 240円(税込)

     配達日数の目安

        【関東】 ・・・ 翌日

        【関東を除く本州・九州・北海道の一部地域】 ・・・ 翌々日

        【北海道の一部地域】 ・・・ 3日

        【沖縄】 ・・・ 6日

 

● 宅急便(補償あり/ヤマト運輸) ・・・ 全国一律 600円(税込)

     配達日数の目安

        【本州・四国】 ・・・ 翌日

        【九州・北海道】 ・・・ 翌々日

        【沖縄・離島などの一部地域】 ・・・ 3日〜4日

 

● EMS(国際スピード郵便) ・・・ 実費、海外発送のみ

 

当店営業日の午後5:30までのご注文は当日発送可能です。但し、作家作品や浅草橋店取扱い商品を含まず、代引きまたは午後5:30までにご入金確認の取れた場合に限ります。

送料無料券

会員様限定でご購入条件に応じて、送料が無料になる「送料無料券」をプレゼントしております。

 

<プレゼント条件>

● 会員登録されている方

● お支払方法が「銀行振込み」と「代金引換」の場合に限ります

● お買上げ商品金額が、税込5千円以上で1枚、税込1万円以上で3枚プレゼント

 

<サービス内容>

● 「ゆうパケット」が1枚使用で送料無料となります

● 「宅急便」が3枚使用で送料無料となります

 

 ※ 次回以降のご注文からご使用いただけます。

 

「会員様限定キャンペーン」にて、定期的にプレゼントもおこなっております。

お取寄せ

取寄せが可能な商品は、1点からお取寄せ注文が出来ます。

作家作品

アクセサリー作家の製作した、ハンドメイドアクセサリーです。

ご返品

当店では、イメージ違いなどの自己都合返品を承ります。 但し、商品到着から1週間以内で、破損なく未使用の場合に限ります。返品にかかる諸費用はお客様負担となります。